さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

桜と岩木山

togawasakura

津軽鉄道と桜と岩木山・・・
この3つが絡められるところって、今自分の中ではこの場所しか思い浮かばない。探せばなんかありそうなものだが、まだまだそこまで撮りこんでいないから見つけることができないのかな?とも思う。

芦野公園ほど大きな規模ではないが、咲き誇る桜と残雪を湛えた岩木山、そして青空のコントラストがとても素敵だ。
これぞ津軽の桜だ!そんな事を思いながらシャッターを押した・・・。

2017年4月30日 津軽鉄道 津軽五所川原-十川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/08(月) 23:06:20|
  2. 津軽鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名残の桜

syuukaijo

芦野公園の桜は実に見事であるが、とにかく人が集まる。
待ちわびた春を謳歌しようと集まった津軽の人たちなのであろうか・・・
それにしてもこの日の芦野公園は凄かった。というより、実際は見てはいないのだが芦野公園に行こうとするも、渋滞は既に金木にまで達しておりたどり着くことが出来なかったのだ。まぁ前日に1日堪能したのであきらめもついたが・・・

それでもやっぱり桜は撮りたい。見つけた桜はひっそりと2本が寄り添うように咲いていた。
さすがにかなり散っていてだいぶ葉も出ているが・・・
長い冬をじっと耐え、ようやく咲き誇った桜が、往く春を惜しむかのような名残の桜のように見えた。
最後の花道とばかり、ほんの一瞬、太陽がスポットライトを照らしてくれた・・・。

北国の春は一気に駆け抜けていく・・・

2017年4月30日 津軽鉄道 川倉-芦野公園

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/07(日) 00:29:52|
  2. 津軽鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花見を愉しむ・・・

asinokouen1

今年も芦野公園の桜を見る事ができた。
思えば4月7日に福岡と大分の県境の小さな駅の桜を愛でてから約3週間、福島県の桜を巡って更に北上。ようやくここまでたどり着いたという感じだ。この駅と公園の桜は素晴らしく、先日は報道ステーションの中継もあったほど。多くの人がたぶん本州最後の桜を愉しんだ。

自分も早朝に五所川原入りして、ホテルに車を置き、コンビニでビールを買い込んで津鉄に乗った。
芦野公園で満開の桜に迎えられ、集まった仲間たちと「これぞ日本の花見の王道」というくらい楽しませてもらった。

桜を見ると心が躍る。日本に埋めれ育ち、いつしかそうしたDNAが育まれ一気に爆発したような・・・。
たぶん今年最後の桜に酔い、そして仲間たちに酔った・・・。そんな1日であった。

2017年4月29日 津軽鉄道 川倉-芦野公園

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/04(木) 22:42:42|
  2. 津軽鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北国の梅の花・・・

ume

関東での梅の花の便りは、まだ冬の趣な2月頃であろうか・・・
梅の花の便りを聞いて、まだ淡い春の気配を感じる・・・。そこから桜が咲くまでは随分と時間がかかる。

そんな梅の開花前線の動きはゆっくりで、やがて桜前線に追いつかれてしまう。それが会津あたりなのだろうか?
このあたりで梅の花があまり目立たないのは、決して梅の木が少ないとか、そんなのではなくて艶やかな桜の開花の陰に隠れてしまっているからなんだろう。
「三春」という言葉がある。調べると旧暦の1,2,3月の総称であるらしい。ただ、現在に当てはめてみると、2月が梅、3月は桜、4月は桃といった感じなのだろうか?会津ではそれが一気にやってくる。まさに会津の春は三春が一気にくるのである・・・

畑の真ん中にたつ梅の花を見つけた。
ここは申し訳ないけど、主役は列車ではなく梅に譲っていただく事としようか・・・

2017年4月27日 只見線 根岸-会津高田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/03(水) 22:02:12|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柳津の街を望む

yanaiduhukan

柳津は門前町であり、温泉街でもある。
ひところの賑わいに比べれば寂しくなった感は否めないが、それでも福満虚空蔵尊圓蔵寺の麓を沿うように温泉街の情緒を残している。
柳津温泉は、その圓蔵寺の敷地内から湧き出ているありがたいお湯であるという。それも門前町として栄えてきた柳津ならではでないかとも感じるのだ。そんな事を思いつつ柳津の街を望むとなんとなく感慨深く感じる・・・。

折しも桜が満開の季節。桜の町らしく、桜の木が点在する温泉街を望みながら、ゆっくりと走る只見線の姿も見えた・・・

2017年4月27日 只見線 郷戸-会津柳津

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/02(火) 23:31:53|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜の町

yanaiduhhukan

柳津は桜の町だと思う。
由緒ある1本桜も、永遠に続くような桜の並木もあるわけでもない。
ただ、町を彷徨ってみると桜の木が多い。いろいろなところで桜の木を見かけるのだ。

街を見下ろす小高い丘へ登るとよくわかる。町中に桜の木がある。そして春になると桜色のスポットがそこらかしこに現れる・・・。
春になると景色が変わる。桜の町の華やかさは1年のうちのほんの僅かかもしれないけど長い冬を耐えて迎えた歓びにあふれているように見える。

春が来た。桜の便りは北国の春の本格的な始まりである・・・。

2017年4月27日 只見線 会津柳津

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/02(火) 00:40:37|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真展に参加します。その2

4月29日(土)から、自分が末席に参加させていただいている「奥会津写真家集団 写好景嶺」が開催する奥会津の三島町で開催される只見線復興祈念写真展に参加いたします。現在南会津の下郷町で開催中の写真展と重なりますが、出展する写真は異なります。また、車ですと2時間弱で写真展の梯子をすることができます。(笑)

奥会津写真家集団 写好景嶺
只見線復興祈念写真展  夢をつないで・・・ふるさと列車只見線

開催日時 2017-4/29(土)~6/30(金) 9:00~17:00 月曜定休
開催場所 三島町交流センター山びこ 福島県大沼郡三島町名入字諏訪ノ上418 ☎0241-52-2165

春の鼓動を感じ、
夏の深い霧の中を走り抜け
秋は彩とのシンフォニー、
冬の深雪をかきわけ列車が走る・・・

日本の原風景を数多く残す奥会津津方。この自然豊かな地を走るJR只見線は新緑や紅葉の中、時には吹雪に耐えながらも地域住民のくらしを支え、同時に重要な観光路線として長年活躍してきました。
しかし平成23年7月に発生した新潟・福島豪雨災害により鉄橋流出など甚大なる被害を受けました。平成25年春、当時一部区間の復旧の見込みも立っていなかった頃、いすみ鉄道の鳥塚社長の提案で当時只見線や奥会津の風情に心惹かれ、只見線の早期復旧を祈る写真家たちが集まり、千葉県いすみ市で写真展を行ったのが最初です。、その後、奥会津各地や、福島市、郡山市、東京都南青山で写真展を行い、写真を通じて只見線や奥会津を発信しています。
現在は、地元奥会津の郷土写真家、星賢孝氏を中心に地元や県外在住者の写真家が集まり、鉄路での復旧の方針が決まった只見線を中心に撮影活動を続けています。写好景嶺は「しゃすけね」と読みます。さしつかえない、大丈夫という意味の奥会津地方の方言「さすけねぇ」からとったものです。

出展者
今泉 潤、遠藤真人、衣斐 隆、大越智貴、大藪琢也、北内奏久、志賀 薫、鈴木公久、高草木裕子、星 賢孝
三島町写真クラブ 道奥21

特別出展
大竹恵子(色鉛筆画家 金山町出身)
松本 忠(鉄道風景画家)
吉永陽一(鉄道写真家)

yamabiko


yamabiko2









テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/27(木) 21:00:00|
  2. さすらいの美学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕桜

banndaisansakura

赤みがかった斜光線を浴びる桜は、所謂桜色をもっと強くしたような妖艶な色に染まる。
そんな光景が見たくて夕方にこの場所にやってきた。こうして写真を見ると雲は少なそうに見えるのだが、西の空にはたくさんの雲が浮いている。実際2本前の列車では見事に雲にやられ、この場所は玉突きで433Dで撮る事になった。
この列車が通る時は太陽が山の稜線にかかる微妙な時間になる。そしてその稜線には雲もある。心臓に悪い時間を過ごす事になる。列車は少し遅れているようだ。ぎりぎり太陽が稜線にある雲にかかろうとする頃、列車が駈けて行った・・・。

会津の象徴でもある磐梯山もほんのり夕日色におめかしをしている。
妖艶に輝く桜を愛でながら、僕は会津の春を満喫していた・・・。

2017年4月22日 只見線 会津本郷-会津高田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/25(火) 23:37:37|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやく春が・・・

miyagawasakura1

久しぶりに会津に来たら、一杯の桜の花が迎えてくれた。
前回来た時は雪が溶けたところを見つけては、ふきのとうを探していたっけ・・・。

「冬が長いから、春が来るのは本当にうれしいんだ・・・」
そんな言葉を聞いたことがあるが、こうした一気にやってくる春の情景を目の当たりにするとほんの少しだけでも、その気持ちがわかるような気がする。
会津に来て桜の花に迎えられたら尚更である・・・。

今は会津平が満開である。柳津の桜もだいぶ綻んできた。桜前線は、これから三島、金山、只見へと一気に駆け上がっていくことだろう・・・。

ようやく春が来た。季節の移ろいを見逃さないようにしよう・・・

2017年4月22日 只見線 会津本郷-会津高田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/24(月) 23:46:33|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真展に参加します。

4月22日(土)から、自分が末席に参加させていただいている「奥会津写真家集団 写好景嶺」が開催する南会津の下郷町で開催される只見線復興祈念写真展に参加いたします。
会場は、南会津の下郷町、会津鉄道の養鱒公園駅近くの「会津ジイゴ坂学舎」
廃校になった小学校の分校の跡を利用した素敵な所です。カフェも併設されていて、ここのカレーは本当においしいです。


奥会津写真家集団 写好景嶺
只見線復興祈念写真展  夢をつないで・・・ふるさと列車只見線

開催日時 2017-4/22(土)~5/31(水) 10:30~16:00
開催場所 会津ジイゴ坂学舎 福島県南会津郡下郷町落合字ジイゴ坂1604-1

春の鼓動を感じ、
夏の深い霧の中を走り抜け
秋は彩とのシンフォニー、
冬の深雪をかきわけ列車が走る・・・



日本の原風景を数多く残す奥会津津方。この自然豊かな地を走るJR只見線は新緑や紅葉の中、時には吹雪に耐えながらも地域住民のくらしを支え、同時に重要な観光路線として長年活躍してきました。
しかし平成23年7月に発生した新潟・福島豪雨災害により鉄橋流出など甚大なる被害を受けました。平成25年春、当時一部区間の復旧の見込みも立っていなかった頃、いすみ鉄道の鳥塚社長の提案で当時只見線や奥会津の風情に心惹かれ、只見線の早期復旧を祈る写真家たちが集まり、千葉県いすみ市で写真展を行ったのが最初です。、その後、奥会津各地や、福島市、郡山市、東京都南青山で写真展を行い、写真を通じて只見線や奥会津を発信しています。
現在は、地元奥会津の郷土写真家、星賢孝氏を中心に地元や県外在住者の写真家が集まり、鉄路での復旧の方針が決まった只見線を中心に撮影活動を続けています。写好景嶺は「しゃすけね」と読みます。さしつかえない、大丈夫という意味の奥会津地方の方言「さすけねぇ」からとったものです。

出展者
今泉 潤、遠藤真人、衣斐 隆、大越智貴、大藪琢也、北内奏久、鈴木公久、高草木裕子、星 賢孝

tirasiomote


tirasiura




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/20(木) 23:52:49|
  2. さすらいの美学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する