さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

赤銅色の列車

sourihukin

わたらせ渓谷鉄道の列車の色は、茶色ではなく赤銅色だと聞いたことがある。たぶん足尾銅山の銅の色をイメージしたものなのだろうか?
この色は写真家泣かせで鉄道風景写真の中で鉄道の存在感を出すのに苦労する。光を選ばないと厳しいなとも思う。
それでもこの色、子供の頃に見た旧型国電や旧型客車の色をイメージさせてくれて自分的には結構好きな色だ。

満開の桜の中、赤銅色の列車が一気に駆け抜けていく・・・

2018年4月7日 わたらせ渓谷鉄道 神戸-沢入

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/07(土) 22:31:47|
  2. わたらせ渓谷鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜・さくら・SAKURA

tatarasakura

桜の便りを聞くと、本格的な春の到来を思わせる。
だから・・・桜前線のニュースに国民全員が一喜一憂する。正に国民行事のようである・・・。
実は桜が満開の頃って、周辺はあまり春色は少なくて、桜一色のような風情で、それだから余計に桜が目立つ存在になっているように思う。(染井吉野を前提としているが・・・)
桜が咲くと、周辺に芽吹きが始まって、田圃に水が入って、カエルが鳴いて・・・
春本番を告げる桜・・・。だからみんなが桜の便りを心待ちにしている・・・。

桜・さくら・SAKURA
春を歓ぶ桜の花だ・・・。

2018年4月1日 真岡鐡道 多田羅-市塙

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/06(金) 21:55:52|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千両役者

kugetasakura

真岡鐡道は桜が美しい路線だと思う。
その中でも有名なのは北真岡の桜並木だと思うが、自分は久下田駅の桜が好きだ。
この駅の桜を愛でるようになって、もう20年近く経つ。桜のボリュームもずいぶん大きくなったと思う。とにかく素晴らしいさくらの駅である。

SLと桜を撮ろうと鉄ちゃんが集まってはいたが、ホームには人影はなかったがSLの到着時間が近づくと人がたくさん集まってくる。
そりゃそうだろう、こんなに素晴らしいさくらの駅に千両役者がやってくるのだから・・・

「いよっ!日本一!」
そんな掛け声が聞こえてきそうである・・・。

2018年4月1日 真岡鐡道 久下田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/04(水) 22:55:23|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夕桜・・・

tansyouyuukei

ようやく桜を撮れた。
東京で満開の時期に只見線でふきのとうを撮ってたりしたのでしょうがないってのはあるのだが、通勤途上で見る満開の桜を眺めつつため息をついていた。なんだかんだいっても桜の情景は心に沁みる・・・。

非鉄な用事のはずだったが、目的地の近くには八高線が走っている。かなり手前のインターで降りて道すがら眺めていたが、光線状態も含めてどうもうまくいかない。結局目的地近くの小さな公園で苦し紛れに撮った・・・。
それでも、夕陽に染まる桜はいいもので、眺めているだけで心が落ち着いていくのがわかる。やはり桜は心の琴線に絶妙に触れるんだ・・・。

今年の桜は開花が早い上に、各地で一斉に咲くので桜前線問ともに北上するというのは難しいのかもしれない。
それでも北へ向かうにつれてそのスピードも少しは緩めてくれるかも・・・。
そんな事を考えながら勤務交番とにらめっこしているのだ。
桜を見ると落ち着くが、そんな事を考えているとちょっとだけど心が乱れるようなきもする・・・

2018年3月31日 八高線 群馬藤岡-丹荘

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/02(月) 23:44:40|
  2. 八高線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の光

harunohikari

春を感じるものはいろいろあるが、その象徴的なものは自分は光であると感じる。
どこが・・・というのがうまく説明できないのだが、そこはかとなく・・・といった感覚的な事だ。
火が長くなったとか、光の強さとか、温かさとか・・・。
光の状態で春を感じるのは、ふきのとうとか、雪の量とか、桜とかといった明確なものではないかもしれないが、感覚的な事って大切なんだと思うのだ・・・。

この列車が走る時間に、ようやくこの谷に陽が射してくるようになった・・・。
光の具合で春を感じた日でもあった・・・。

2018年3月26日 只見線 早戸-会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/03/31(土) 00:09:21|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一番乗りの春を見つけた・・・

hukinotou

東京では桜が満開との便りが届く頃、奥会津では春めいては来ているが、まだまだ雪が主役の風景が展開されていた。
それでもなんとなく春っぽいなにかを探していたのだが、残雪の田圃の真ん中に土が見えていた所に一番乗りの春を見つけた。

長かった白い世界から、ようやく土が見えるやいなや、待っていたかのように顔を出したふきのとう・・・。
満開の桜もいいけど、地味だけどしっかりと春を告げるこんな光景に思わず頬がゆるんだ・・・。

そう、奥会津での一番乗りの春を見つけたんだ・・・。

2018年3月25日 只見線 会津中川-会津水沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/03/29(木) 22:49:48|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の歓び・・・

takiyasakura

東京では桜が咲き、高知では早くも桜が満開だという。
今年の冬は雪が多く寒かったから遅いのかな?とも思っていたのだが正直その速さにちょっと戸惑っている。
それでも桜の便りはいいもので、今までさんざん春の気配を感じてきても、やはり実感するのは桜なんだと思う。

奥会津では東京から遅れる事約1ヶ月、梅や桃と一緒に一気に春がやってくる・・・。
冬が長く厳しい雪国では、関東に住む我々以上にそんな桜の便りを心待ちにしているんだろう。その嬉しさは、たぶん自分には想像がつかないくらいなんだろうな・・・。

雪解けが進んで、田圃の土も見えてきて、白鳥の北帰行が始まって、桜の咲く春までもう少し・・・

春よ来い・・・
早く来い・・・

2017年4月27日 只見線 滝谷

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/03/21(水) 21:31:54|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中根の夜桜

nakaneyozakura

東日本大震災から7年が過ぎた・・・
あの日、ひたちなか海浜鉄道も大きな被害にあった。この中根駅周辺でも路盤の流出や線路の曲損等で駅に列車が取り残されたという。関係者の方々の懸命なご苦労によってその年の夏には全線開通。全線開通の直後のチャリティ写真展への参加から自分も訪れるようになったから、自分もあの状況は知らない・・・。

ここ中根駅の桜は、大漁桜という早咲きの桜で震災後、これといってなにもなかった中根駅周辺に応援団の方や地元の三反田の方々によって植えられたという。あれから7年、当時はまだ小さかった大漁桜もずいぶんと立派になり訪れる人達の眼を愉しませてくれるまでに成長した・・・。

この日行われたライトアップを見て、応援団の方々が感慨深そうに桜を見つめていたのが印象的だった・・・。
この日、夜空に映えた大漁桜とその光は、鉄道とともに地域も生きる・・・。そんな姿を映す希望の光のように見えた・・・。

2018年3月18日 ひたちなか海浜鉄道湊線 金上-中根

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/03/19(月) 23:12:49|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の気配

banndaisanasa

あれだけあった雪っていったいどこへいってしまうんだろう?
毎年雪解けの時期に考えてしまう事だ。毎年思うって学習能力がないなぁとも思うのだが、今年のような雪の多い年は本当にそう思うのだ。5月頃の雪代の頃の川を見るとなるほどとも思うのだが、雪の量が一気に減っていく今の時期は尚更である・・・

一面の白い世界が、いつも間にか田圃の土の色が見えてくると、待ってましたとばかりに白鳥たちが集いエサを探している・・・
東京では桜の便りが聞こえてきても、会津はまだそんな春の気配をようやく感じる頃である。無機質な土の色が妙に春の色に感じてはいるが、あと1ヶ月もするとこのあたりでも桜が咲く・・・。
雪ぐのの春は遅いけど一気にやってくる。のんびりと構えてると見過ごしてしまうほどドラマチィックな春なのである・・・。

2018年3月14日 只見線 会津高田-根岸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/03/17(土) 22:30:51|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅立ちの前に・・・

wakamiyahakutyou

会津平の田圃で白鳥がエサを啄んでいるシーンを見かけると、会津の遅い春が見えてくるように思う。
会津の地で栄養を補給して、北帰行へ備えているのだろうか・・・。

一心不乱に田圃をつついているその姿は微笑ましくもあり、一途に生きる姿に感動もする。
無事に長旅を終えて、また会津に返ってくる事を心から祈っている・・・

2018年3月14日 只見線 若宮-会津坂下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/03/16(金) 22:37:33|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する