FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

君よ!奥会津の風になれ!

okuaidunokazeninare

奥会津を翔ぶ風を肩で切っていくキハ48。その姿は正に「風っこ」である・・・

そんな風を感じて旅をする君よ、風と仲良くなって奥会津の風になれ!

旅を愛する人たちへ・・・
どうか、いい旅を!

2020年8月10日 只見線 会津水沼-会津中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/09/02(水) 00:35:36|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

川霧の季節 2

dai4422

「川霧っていつ頃まで出るのですか?」
そんな質問が一番苦手だ。自分自身明確な回答を持っていないからだ。
先週はさすがに終わりだと思ったが、先日は朝限定ながら結構いい感じで見られたりしたしどうも川霧の仕組みがわからない・・・。
先日の撮影で友人とも話していたのだが、だんだん出る頻度が少なくなっていつもまにか見る事ができなくなる・・・。っそんな感じだ。

夏至を過ぎて日の出日の入りの時間が一気に変わっていく。
もうちょっと頑張ってくれると早朝の蒼い時間と重なってくる。
夏至の頃とは異なるしっとりとした雰囲気が楽しめるはずである。

2020年8月22日 只見線 会津中川-会津水沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/08/31(月) 22:26:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空が動いた・・・

wakamiyanokumo

空が動いた・・・
確か航空写真家のルークオザワさんが使っていたように思う。
ヒコーキは空を飛ぶものだし、その情景写真を狙う時空の表情は重要な背景になる・・・

鉄道風景でも空は重要なファクターで、その表情に一喜一憂したものだ。
それは主役である太陽や雲であり、その表情、色、光と様々なものでそこに鉄道が走る情景を思い浮かべると年甲斐もなくワクワクするものだ。

鼠色の大きな雲が西の空に浮かび、今日はダメだな・・・そう思っていたがその雲の造形が幸いしたのか光の表情が劇的に変わった。そう、正に空が動いたのだ・・・。

その荘厳な情景に息を呑んだ・・・。
夏の終わりの素晴らしいまでの空に・・・

2020年8月22日 只見線 若宮-会津坂下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/08/28(金) 00:09:58|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川霧の季節

nakagawamiyazaki

この間奥会津を訪れて、川霧の季節もそろそろ終わりかな・・・
なんとなくそんな風に思った。梅雨も明けて8月も後半にもなれば当然そうなるのだが、今年は(も)天候不順な上、梅雨明けも大きく遅れた。季節的に少し違った川霧の表情も見られるかとも思ったけど、やっぱり自然はその事象が出るのに忠実にその条件を辿ったようだ・・・。

梅雨が明けても朝夕は梅雨とは違った表情が見られるのだが、いつしかその事象に会える頻度が減っていっていつの間にか季節は終わり巡っていくのだ・・・。

それでも今年の川霧は当たりだったように思う。当たりだけに出すぎて聞く鉄という事も多かったが、そんな事が多いのも川霧の季節が盛況だったという事だろう・・・。

中川の集落が霧に包まれて幻想的な雰囲気を醸し出していた。
しかしほどなく霧も上がり真白になるが、あの時の情景が忘れられず粘ってみた。霧は列車通過前に晴れてはきたが、霧が上がる前の情景を100点だとすると、60点くらいふだったように感じた。

そうやって情景を求めて彷徨う旅はどんどん泥沼に嵌っていくのであった・・・

2020年7月25日 只見線 会津中川-会津水沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/08/26(水) 21:40:32|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の気配・・・

dai1bannka

お盆を過ぎると秋めいてくる東北の夏・・・
いつもならなんとなく切ないような夏の終わりを感じている頃なのだが、今年の夏の暑さは尋常でなくとてもそんなおセンチな気持ちになっているひまはないような気がする。梅雨明けが遅くて夏らしい季節の訪れが遅くなったのもあるのかもしれない・・・

それでもお盆の奥会津は昼間こそも売れるな暑さが続いたが夜には久しぶりに「寒い」という感覚を覚えた。虫の声も聞こえてきて夜だけは秋の気配がしてきたようだった。

日の入りがどんどん早くなっていくと夕方の光の表情も秋の気配が感じられる。
まだまだコントラストが強い光が主役だけど降り注ぐ光がほんの少し優しさを感じるような・・・

そう、あたりは秋めいてきた光の世界である・・・

2020年8月22日 只見線 会津西方-会津桧原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/08/25(火) 22:23:15|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕焼け雲

yuuyakegumo

夕焼けって夏の季語だという。
1年中見る事のできる夕焼けだが、やはり夏の夕焼けが美しいのか、印象的なのかはわからないが・・・。

「今日は染まるかな?」
晴れた日の撮影をしていると午後になるとなんとなく考える事で、そこから日没時間や列車の時刻とをにらめっこして場所を決める。
空というより雲が焼ける方が印象的になるので雲の形や高さまで見てその日の夕焼けを「読む」

直前までダメだと思っていても一気に染まる事もあれば、列車の通過前に色が無くなってしまう事もある。とにかく夕焼けは一瞬だ。

そんな夕焼け雲に送られて家路に就く・・・
子供の頃はそんな夕焼けが帰宅の合図だったようにも思う。
夕焼け雲に照らされて見入っていると「ごはんよ~」という母の声がふと聞こえたような気になった・・・。

2020年8月16日 只見線 根岸-会津高田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/08/24(月) 22:32:44|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏を諦めない・・・

kazekkodaiiti

沼沢湖畔や柳津の夜空に大きな花火が上がって、ちょっとにぎやかになるお盆が終わると奥会津は一気に秋めいてくる。
東北の夏は短いのだが、それにしても今年は長引いた梅雨の影響で梅雨が明けたと思ったらすぐにお盆・・・
お盆に泊まった奥会津では既に秋の虫が鳴いていた・・・。

今年は福島県主催のツアー列車で9月まで風っこが走る機会が多い。もう走る事はないと思っていたキハ40系だ。
オープンエアの状態で、奥会津の風を感じて奥会津の夏を満喫できる風っこ・・・。JRの運行は雨の影響で運休となったが翌週は目一杯の夏を感じて駆け抜けていった。

川面を渡る風が車内を通り抜ける・・・。
お客さんの歓声がここまで聞こえてくるような・・・

そんな夏の日。
まだ風っこは走る。秋めいてくる沿線のっ風情を楽しむのは今年は諦め・・・

そう、今年は夏を諦めない。
夏らしいいつもの夏が戻ってくる事を祈りつつ・・・
決して夏を諦めない・・・。

2020年8月10日 只見線 会津西方-会津桧原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/08/20(木) 22:05:39|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の情景

natugesiki

奥会津の夏は暑くて、東北なんだから涼しいはずだという無責任な関東人の浅はかな考えは無残に散るものだ・・・。
それでも夕方になるとスーッと涼しくなってくるのも奥会津の夏でもある。

先日久しぶりのお盆休みを奥会津で過ごした。古民家の民泊であったのだが夜は寒いくらいで、久しぶりに「寒い」という感覚を経験したのだ。外からは早くもコオロギが鳴いていたし、蝉はミンミンゼミとヒグラシ・・・。
お盆を過ぎるとあっという間に秋の気配がしてくる東北の夏・・・。
今年は梅雨明けも遅かったんで少しは夏の余韻に浸れるかとも思っていたが、やっぱり奥会津に漂う秋の気配は例年通りのようだった。

例年よりも夏が短くなる予感がしてか、昼間は夏の情景を求めてあちこちを走り回った。
蒼い空と夏雲・・・。そんな情景を探し回った・・・

今年はコロナ禍で帰省する人も少なくて、毎年お盆に行われる成人式も中止になった。様々なお祭りも軒並み中止になりちょっと寂しい夏になった。そして長く続いた梅雨・・・。

朝夕は秋めいてきた感もあるが、それでもいつもの夏と変わらない夏の情景を見つける事ができた。

来年は・・・
ふるさとに帰ってきた人と、迎える地元の人の歓声が聞こえてくる・・・

そんな夏になりますように・・・

2020年8月16日 只見線 会津中川-会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/08/18(火) 22:10:34|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新人船頭奮闘す・・・

sinjinkozue

すっかり奥会津の風景として定着した感のある「霧幻峡の渡し」
その昔、生活の足として利用されていた渡し舟を金山町の奥会津郷土写真家の星賢孝さんが復活させたもので四季折々の風景の中を往く渡し舟の情景は乗っても眺めても実に素晴らしいものだ。

そんな霧幻峡の渡しに先日新人船頭さんがデビューした。
奥会津で生まれ育ったKさん。資格を取って、先輩の女性船頭のYさんの手ほどきを受けてこの日初めてお客さん(といっても知り合いばかりだが・・・)を乗せて霧幻峡を舟で巡った・・・。

普段は仕事も持って、家庭も持って活躍している彼女は、ふるさと奥会津を守るために船頭を買って出た。
まだ慣れない事も多いだろうが新人船頭は奥会津を盛り上げるべく日々奮闘していく・・・。

奥会津にはこういう風に活躍している人が結構いる。
ふるさとを守るために奮闘している人たちの瞳はキラキラ輝いているようだ。

そういう人達が出てくる奥会津・・・


そう、奥会津は元気です。

2020年8月15日 只見線 早戸-会津水沼


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/08/17(月) 22:12:39|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほのかに・・・

dai4yuugata

奥会津の夏はめちゃ暑い・・・
山の中だからと避暑のつもりで訪れるとその蒸し暑さに辟易する・・・。とにかく暑いのだ。
それでも朝夕はそんな暑さもすーっと消えていくように涼しくなっていく。

とにかく暑い日だった。関東の暑さに似たような蒸し暑さだった昼だが17時を過ぎる頃からそこはかとなく風が涼しく気持ちよくなってくる。この暑さじゃ出ないだろうと思っていたがそんな頃只見川の各地では川に霧が纏った・・・。

ウダウダと過ごしてはいたがなんとなくスイッチが入って各地を見てまわったのだが、列車通過時の情景も加味して結局いつものこの場所になった。まだ日没前の時間なんで中途半端な漢字なんだろうとは思っていたが・・・。

夕焼けもブルーモーメントも日没後が勝負だ。
それでもこの時期は列車の通過時間にドンピシャの時間もない。好きな場所でそんな情景を待っているのもある意味至福の時であった・・・。

「もうすぐ列車来ますよ・・・」
この光景に歓声を上げて撮っていたご夫婦?に声をかけた。初めてだというこの情景に感激して列車が通過する様も歓声を上げながら撮っていた。もう20年も前、初めて川霧を見て列車を絡められた時の自分の姿を垣間見たような気がした・・・。

ほのかに夕焼け色に染まった空と霧・・・
そんなちょっと控えめな情景もいいものである・・・。

2020年8月2日 只見線 会津水沼-会津中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/08/12(水) 20:51:44|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する