FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

茶坊主の輝き

tyabouzukira

朝陽を浴びて輝く茶坊主こと2000系A編成が往く・・・。
雪の中ではあまり映えない色だが、光を浴びると渋く映えてくるから不思議だ。

2011年2月6日 長野電鉄長野線 夜間瀬-信濃竹原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/24(日) 22:26:41|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モノトーン茶坊主

tyabouzu

逆光側から見た光景はモノトーンの情景だった。霞んだ空気を通じて見る山々の微妙なグラデーションが美しく感じる。色をあまり感じない茶坊主こと2000系A編成もそんな光景に実にマッチしているように感じた・・・。

2011年2月6日 長野電鉄長野線 信濃川原-夜間瀬

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/21(木) 23:21:44|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

急勾配・・・

koubaihyou

信州中野から湯田中へ線路は一気に登っていく。特に信濃竹原を出てからは急勾配が続く・・・。
それこそ「一気に・・・」という言葉の通りにカーブしながら登っていく。蒸気機関車が走ったらさぞやいい煙が・・・なんて思うが登っていけないのかなぁ・・・なんても思う。特に上条から湯田中までは普通に見てもその勾配がわかるくらいだ・・・。
そんな急勾配を山から茶坊主が下りてきた。ブレーキ操作も気を使うんだろうな・・・。
そんな事を考えていた。

2011年1月 長野電鉄長野線 夜間瀬-信濃竹原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/01/21(月) 00:01:53|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜間瀬川の鉄橋を臨む

yomasehukan

昨日のエントリーでの葡萄畑の斜面の道路から見下ろしてみると、夜間瀬川と夜間瀬の町が一望できる。
モノトーンの色の中、リンゴ特急の赤系の色が鮮やかに映える・・・

2012年1月 長野電鉄長野線 夜間瀬-信濃竹原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/01/19(土) 23:59:53|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高社山を従えて・・・

takamoriyama

夜間瀬川を渡るこの鉄橋、長野電鉄でも屈指の名撮影地である。自分も何回撮っただろう・・・。
四季折々に展開される光景や夕景の美しさに惹かれよくここで撮った・・・。
背後に聳える高社山。決して大きな山ではないけど、堂々とした山容が気に入っている。麓の斜面には葡萄畑が拡がっている。リンゴではなくあの斜面は一面の葡萄畑である。新しく切り開いた地で栽培をはじめたそうで、今ではそこそこの収穫があるという・・・。そんな話を聞いたりしているとほどなく茶坊主こと2000系A編成がやってきた。雪景色にあまり映えない所がD編成ほど人気がなかったのだろうか?
かつての大糸北線のキハ52125と境遇が似ているなぁ・・・

それでも高社山を従えて堂々と夜間瀬川を渡っていった・・・

2011年1月 長野電鉄長野線 夜間瀬-信濃竹原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/01/18(金) 23:25:43|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜沢の交換

sakurazawa

2000系がまだ特急運用があった頃は、朝1回桜沢での交換があった。朝の7時過ぎの早い時間だったと記憶しているが、土日あたりは既に凄い人が集まっていた。そりゃこんなシーンだから当然と言えば当然なのかもしれない・・・。
上り列車はB特急の長野行き。下りはローカル運用だった。朝はリンゴ特急色のD編成が上りの時の方が人気があったけど、この組み合わせだとこの後はD編成はあまりいい運用に入らなかった。
当時長野へ行く時はそんな運用の予測とかをしての遠征だった。考えて見ればそれが外れてもA編成はしっかり撮れたのだから今思うと贅沢の極みだったと感じる。
大糸北線の末期と似ている感じだったなぁ・・・

2000系の普段着の姿での共演・・・。人気がでるのも当然の素晴らしい情景であった・・・

2011年1月 長野電鉄長野線 桜沢

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/01/17(木) 21:50:31|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の列車交換

koukan

2000系のA編成とD編成。この2編成が本線で出会うと言えば、朝の桜沢の交換がよく知られていた。
ただ夕方からB特急の運行が増えると夜にかけて3回、B特急の交換が行われた。
この日は年末の平日というのもあったが撮影者は自分ひとり。1月に行った時もそうだった。朝の桜沢の交換が大賑わいだったのと比べると静かなものだった。
それでも趣のある小布施のホームでほぼ1時間おきに3回、ひっそりとA編成とD編成が行き違う。考えて見ればなんとも贅沢な時間だった。こんな光景が当たり前のように日常の光景として展開されていた・・・

2010年12月28日 長野電鉄長野線 小布施

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/12/24(月) 23:34:53|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

行く秋を惜しむ・・・

nokorigaki

周りはすっかり冬の光景だ。リンゴの収穫が終わり山の広葉樹もすっかり落葉した。山の上の雪が麓に降りてくれば厳しい冬がやってくる・・・。
そんな中、1本の柿の木、残り柿がたわわに実をつけていた。会津でもよく見られる光景だが信州でもあるのかとしばし見入ってしまった。鳥たちももうお腹いっぱいなのか・・・
遠い銀嶺や透きとおるような冬の青空にその柿の橙色が素晴らしく映えた・・・
行く秋を惜しんでいるようだ・・・

2010年12月28日 長野電鉄長野線 夜間瀬-上条

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/12/23(日) 21:20:49|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀嶺を臨む・・・

yomaseginrei

冬への入り方というのはその地域によって異なる物だと感じている。関東とか、東北でも会津や津軽では秋~冬への季節の移ろいはその地方ならではの感覚があるように思えてならない。
信州は雪深いイメージがあるけど標高が低い所は以外と雪は少ないようだ。ただ標高の高い山に囲まれているからか周りの山の表情で冬が近い又は冬が来たと言うのが実感できるんではないかとも思う。
まだ冬枯れの趣の北信濃・・・。遠き北信五山は神々しいまでに白銀に輝いていた・・・。

2010年12月28日 長野電鉄長野線 信濃竹原-夜間瀬

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/12/23(日) 00:06:41|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残照を浴びて 2

yuyukei

先日のエントリーの列車の返しはすっかり陽も落ち、夕方と夜の間のような時間だった。
ただまだ残照は地上に届いているようで列車がほんの少し夕焼け色に染まった・・・。
見上げる空は蒼から群青へ・・・。まるで成層圏をい旅しているような錯覚に陥った・・・。

2011年11月4日 長野電鉄長野線 夜間瀬-信濃竹原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/22(木) 23:31:59|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する