FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

十勝晴れ

samamaitokatibare

真っ青に広がる大きな十勝の空。まさに十勝晴れ。
十勝は大地も大空もでっかくて、美しい。そんな十勝を走っていた銀河線。いまでも忘れられない鉄路だ・・・

2006年1月28日 ちほく高原鉄道ふるさと銀河線 池田-様舞

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/03(火) 21:00:00|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白煙を上げて 2

rikubetuhassya

1月の厳寒期の午前6時。それでも思ったより冷え込んでなかったと記憶しています。-15℃くらいでしょうか?そんなにいってなかったかもしれません。
それでも陸別を出る列車は白いエキゾーストを上げて置戸へ向かっていきます。20℃越えたらもっと激しい白煙だっただろうね・・・。そう思いました。でもやっぱりかっこいいですね・・・。

2006年1月28日 北海道ちほく高原鉄道 ふるさと銀河線 陸別

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/17(火) 21:00:00|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白煙を上げて

bunsenhakuenfo-

陸別の町は朝に晴れると放射冷却の影響で半端じゃなく冷え込みます。
ただ、この日はあまり冷え込んだという記憶がありません。それでもなんとなく又ここに来ました。白煙が上がらないかな?って淡い期待をしていたんでしょう。1月にも同じようにここで構えました。この日は少しレンズを長くして構えたような気がします。

エキゾーストが朝日に透けて白く上がり陸別をめざす列車。ここの光景は自分にとって銀河線でも5本の指に入るくらい大好きでした。

2006年2月28日 ちほく高原鉄道ふるさと銀河線 分線

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/16(月) 21:00:00|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蒼い上利別

kamitosibetuyuugure

銀河線にはいくつかの木造駅舎が残っていました。この上利別もそのひとつ。色々と理由をつけては??よく訪れたものです。この日も別に意味はなく、これを撮って陸別の宿へ行こうと思って寄ったような気がします。列車到着前に裏の製材所に勤務されている方でしょうか、お客さんがホームにたちました。銀河線が生きている・・・そんな思いでシャッターを押した記憶があります。

2006年3月1日 北海道ちほく高原鉄道 ふるさと銀河線 上利別

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/15(日) 21:00:00|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蒼い時間にたたずむ

toyozumiuoru

北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線・・・
2006年4月に廃止され今年で3年になります。学生時代の思い出からか、その沿線の風土を含めて通ったのが随分前で夢のように思えてきます。恥ずかしい話し、自分は今でも時々夢に出てくるんです。だいたい銀河線に撮影に来ていて待っていると武蔵野線が来たり、廃止されたってそこで気づいたりとなんかとんちんかんな夢が多いですが・・・。
先日、なんとなくHDDをのぞいていると、結構銀河線のカットが多い事に改めて気がつきました。こんなの撮ってたっけ?なんて(笑)でもじっくりと見直してみると、その一カットからその時の様子が思い出されてくるから不思議です。
これもそんなカットのひとつ。改めて見て思い出した物です。寒いと言うより風が痛いと感じた夕暮れ時でした。蒼い時間にたたずむCRが妙に神秘的に見えたものです・・・

2006年1月29日 北海道ちほく高原鉄道 ふるさと銀河線 豊住

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/14(土) 21:00:00|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あれから2年・・・

4月20日、今年もきてしまいました。僕にとって忘れられない日、ふるさと銀河線が時刻表から消えた日です。あれから2年が過ぎました。もう2年、という気持ちとまだ2年といった気持ちがあります。恥ずかしい話ですが今でもたまに夢に出てくるんです。
そういえば、陸別駅の保存鉄道も少しは動いているようです。また北見界隈では銀河線の線路が鉄の高騰で高く売れたとかいう話も聞きました。でもこういった話題がない、当たり前の姿があったほうがやっぱりいいですね。
今夜は、2年前の事や、銀河線を追い求めていた日々を思いながら静かに過ごしたいと思っています。

oyoti19


銀河線についてのエントリーはこの「North requiem ふるさと銀河線」で見る事ができます。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/20(日) 20:00:00|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

真夏の夜の夢r

なんでこんな夢を見たんだろう。起きたら汗で全身が濡れていたのは、連日の熱帯夜の影響ではないだろう。前の夜に見た、銀河線のスライドショーの影響かもしれない・・・

地平線まで見える広大な大地。一面のたまねぎ畑。そんな中僕は列車を待っていた。乗ろうとしているのか撮ろうとしているのかさだかでは無いが、ひたすら列車を待っていた。なんで気がついたのか、銀河線は既に廃止された事に気がつき嘆いていた。そんな時目が覚めた。
まだ引きずっているのか・・・そう、あの時見たたまねぎ畑の光景をもう一度見たいって思っていたからだろう。そんな想いが夢になって現れた・・・
たまねぎでなくてもよくて、馬鈴薯でもビートでもいい、広大な北海道の農業ってやつを撮ってみたい。去年訪れた石北や釧網では見れなかったから・・・

そんなのを求めて旅するのも悪くない。なんか地味な旅になりそうだ・・・


tamanegi


2005年9月13日 北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線 西訓子府-西富

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/08/29(水) 00:16:44|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さようなら・・・ふるさと銀河線

上利別で列車を見送った後、僕は陸別へ向かいました。
北見からくる陸別止まりの到着と陸別の最終の発車を見届けます。
まずは大雨の中陸別止まりの列車が入線しました。

akusyu


この乗務員さんはこれで最後、本当に最後の乗務を終えました。1日駅長の陸別町長が握手で出迎えます。乗務員さんは握手をしながら「町長、本当にありがとう、SLの時からさぁ・・・」最後はちょっと聞き取れませんでした。SLってSL銀河の事なのか、現役の頃からなのかわかりませんがちょっといい光景でした。このあと花束をもらった乗務員さん、なんか少しホッとしたような表情をしていたのが印象的でした。
その後、保線の方なんかの裏方さんへの花束贈呈などが静かに行われて最終列車の発車となります。本当はこのあと池田からの列車の到着が本当に最後なんですが、ここを出る列車はこれが最後です。

hanataba


乗務員さんに花束を渡す1日駅長。ずぶぬれになりつつ、寒いとか冷たいとかは全く感じませんでした。

hassya


いよいよ最終の出発・・・「出発進行ぉ」の声で静かに発車していきます。「さよならぁ」「陸別を忘れないでねぇ」「バスででも来いよぉ」ペンライトを降りながら旅人と町の人が精一杯の声を振り絞っていました。

saisyuuhassya


最終列車を敬礼で見送る陸別町長・・・・
ずぶぬれになりつつも僕は赤いテールライトをいつまでも追っていた。
「さようなら・・・本当にさようなら。僕のふるさと銀河線」

[さようなら・・・ふるさと銀河線]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/03(木) 00:42:56|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

小さな別れ・・・

夕方、雨が強くなってきた。涙雨・・・そんな風情は無いくらいに。
本当に廃止されるのが嫌で号泣しているかのような雨が降ってきた。
僕は昨日に引き続きあてもなく大誉地へきた。駅舎のベンチにおばあさんがふたり、ぽつんと座っていた。
「なんかさぁ、無くなるのは寂しいよね。昔っから走っていた汽車の音が聞こえなくなっちゃうんだよなぁ。昼間は人が多くてね、だから今お別れにきたんだ・・・」ゆっくりと、静かに話してくれた。
「昔は人がたくさんいたんだ・・・でも今はいくらもいねぇ。だから汽車も走んなくなっちゃうんだなぁ・・・」なんか、心が締め付けられる思いだった・・・
列車の時間が近づくと何人か町の人も来て静かにお別れをしていた。走り去った後も列車をいつまでも追っていたのが印象的だった・・・

oyotilast


あたりはゆっくり暗くなる。雨はより強くなってきた。上利別にきた僕は目を疑った・・・
駅舎の煙突から煙が出ている。いつもは暗い駅長室の跡に明りが灯っている・・・最期の日に上利別駅が生き返ったような情景・・・
上利別の集落の人が集まってお別れをするという。区長さんらしき方が「今後の駅舎保存なんかの事も含めて話をするんです。駅はこの集落の顔みたいなものですからね・・・」しんみりと話してくれた。
雨の中列車を送った。ペンライトと花束で・・・
決して派手さはなくとも、小さな・・・でも心のこもった短いお別れのシーンにこみ上げるものを感じた・・・

kamitosibetulast


2006年4月20日 北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線
上:大誉地 下:上利別

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/27(金) 00:33:53|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

銀河線最期の日

2006年4月20日、朝から小雨がしとしと降っていた。銀河線の涙雨だ・・・。そしてその涙雨はどんどん強くなっていった。
前日に陸別についたさよなら列車の編成が一番列車として池田へ向かっていった。なんとなくそれを追っていった。大森駅ではいつものように高校生がひとり列車に乗っていった。明日からはバス通学なんだろうか・・・どんな気持ちで列車を待っていたのだろうか・・・

oomori


今までさよならHMもつけなかったが唯一それをつけて走る臨時列車の編成を撮りたかった。

sayonararin


本別ではさよなら列車のイベントが行われていた。本別高校の学生たち・・・銀河線がなくなるってどう思っているんだろう・・・
底抜けに明るく、でもとても素直な素敵な学生達だった。
「銀河線のこと、忘れるなよ!ありがとな!」僕はそういい残して次へ向かった。

honbetusayonara


2007年4月20日 北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線
上:池田-様舞 中:大森 下:本別

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/26(木) 00:25:11|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する