さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

桜の間から・・・

gekkoujiura

月光寺の裏の桜は、結構有名で必ず撮影者を見かけます。
この日はお立ち台の斜面に撮影者がいました。自分はちょっと下の位置からちょっとしゃがんで撮りました。桜の合間から列車がぬっと現れました。薄い日が少し差してくれて桜をちょっと照らしてくれました。ラッキー!

2008年4月22日 只見線 郷戸-会津柳津

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/04/03(金) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<新鶴の一本桜 | ホーム | 桜と青空>>

コメント

こんばんは。
お言葉に甘えてこちらにもコメントします。

これって凄くいいです!
只見線の旅かぁ(夢想)
プランを考え直します。

※筆影山はJR呉線の端っこで、ここから竹原あたりまでの沿線は海を最高に満喫できますよ~
愛称は瀬戸内さざなみ線。
マリンモチーフの特別列車が人気みたいです。

関連記事をトラックバックしますね!ご参考までに。
  1. 2009/04/05(日) 23:44:52 |
  2. URL |
  3. ne_san #TY.N/4k.
  4. [ 編集]

トラックバック不可でしたか。
現在PC不具合のため、
個別記事アドレスが不明です。
私のブログの以下の記事をごらんください。
筆影山からの眺めがイメージできるかと。

うみやまのあひだ~わがふるさと~
2004.04.23 00:09
  1. 2009/04/05(日) 23:51:30 |
  2. URL |
  3. ne_san #TY.N/4k.
  4. [ 編集]

ne_sanさん、おばんです。
只見線は四季の移ろいがはっきりしていていつの季節も最高の表情をみせてくれます。もし、只見線を旅されるなら、単に乗り通すだけでなく、どこか沿線で1泊することをおすすめします。本数の少ない路線ですのでめちゃくちゃ時間をもてあますかもしれませんが、それもよし。「急がない贅沢」「何もしない贅沢」です。
で、トラックバックの規制はしてないんですが・・・この手の設定って疎くて苦手なんでなんにもいじっていないんです。ははは。
で、記事を拝見しました。このポスター、覚えてます。このポスターを手がけていた写真家が、自分が尊敬して目標としていた真島満秀先生です!残念ながら先日お亡くなりになってしまいましたが・・・。このあたりなんですね。すっごくいい!!
実は呉に友人がいて何年か前に訪ねた事があります。瀬戸内でなく山の方へ行ったんですが。
また訪ねてみたくなりました!!
ありがとうございました。
  1. 2009/04/06(月) 00:08:22 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子@どしろ~と #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

なんと

高名な写真家の方の作品だったのですね~
あのポスターは地元民からみても素敵でした。
実は今日、そこに行ってきたのですが、超混雑してました。
週末あたりは車が身動きできなくなるでしょう…
歩いても簡単に登れますけどね。
写真は電池切れで撮れませんでした。ま、わたしが撮ってもあんなにステキには撮れないし、お弁当を食べるのが第一目標だったし。

只見ツアーの極意、心に刻みました。エコツアーに興味あるので、なにもしないの、むしろ大歓迎です!
こちらこそありがとうございました!
  1. 2009/04/07(火) 22:58:51 |
  2. URL |
  3. ne_san #TY.N/4k.
  4. [ 編集]

ne_sanさん、おばんです。
青春18きっぷのポスターと交通公社の時刻表の表紙はチェックしてます。旅情感あふれる素敵な写真です。結構簡単に行けるんですか・・・行ってみたいですね。気分は真島先生って感じで!
只見ツアー、是非楽しんでほしいです。ちなみに会津若松の桜、ぼちぼち開花すると思われます。
  1. 2009/04/09(木) 23:28:37 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子@どしろ~と #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/803-12431306
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する