FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

着雪列車

simonuma

稚内まで40kmの最果ての町、豊富。そこからひとつ南にいった小さな駅で、たったひとりの乗客を乗せて南へ向かっていった。列車の後ろ姿は、舞い上がる雪で真っ白だった。北の冬の厳しさを物語る光景なんだなってふと思った。

2009年3月1日 宗谷本線 下沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/20(金) 21:00:00|
  2. 北帰行-北海道の鉄路-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<雪煙を上げて | ホーム | 夕暮れ時>>

コメント

こちらではお久しぶりになっちゃいました。
背面にべったり付いた雪の姿。
ここしばらく見てないですが、やっぱり良いですね。
3月でもまだこの光景が見られる北海道はやっぱり寒いですね。
PS. 真島先生の訃報はホントに驚きました。
 引っ越しをしましたが、作業中ついつい見てしまいます。
  1. 2009/03/21(土) 09:51:35 |
  2. URL |
  3. ぱれお #qOWB8fHs
  4. [ 編集]

こんにちは。

これは凄い着雪ですね。
昔はこんなシーンが冬場に何度も見ることが出来た
のですが、今年は少なかったような気がします。
暖冬の影響なのでしょうか?
  1. 2009/03/21(土) 10:21:37 |
  2. URL |
  3. JZX81 #-
  4. [ 編集]

おばんです。コメントありがとうございます。
>ぱれおさん
色々お忙しそうでしたので・・・
今回のツアーでこんなの見たのはこの時だけでした。さすがとも思いましたが・・・
真島先生の訃報は本当に残念でした。先生の写真集、自分の毎日のように見ています。

>JZX81さん
自分が只見線に通い出した頃、こういったシーンは何回か見ることができましたが、最近は・・・
やはり温暖化の影響なんでしょうね・・・


  1. 2009/03/22(日) 22:28:28 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子@どしろ~と #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/788-5044c001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する