さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

植松の漁港にて

gyokoukarahubenndake

深江の町を過ぎて旧布津町に入ると、島鉄は国道からちょっと離れて海沿いをいきます。自分もそんな漁村の雰囲気が気に入ってたびたび訪れていました。海沿いにはいくつかの小さな漁港がありました。その中のひとつ、植松集落の漁港。ここの堤防から普賢岳と眉山が臨めます。眉山は普賢岳噴火の際、噴出した溶岩を島原の市街に流れるのを食い止めた山だそうです。
紺碧の空と、港内の海に挟まれてそびえる普賢岳と眉山・・・。いい光景です。

gyokou

この辺りは3月初旬は養殖わかめの取り入れが盛んに行われています。この漁港の沖にある養殖場からわかめを採って漁港で釜茹でにして出荷するそうです。この日はあいにくの雨でしたのでわずかの船が往復していました。港では大きな釜でわかめをゆでていました。

地元でしか見れない季節の風物詩。なんかやたら感激して見ていたのを覚えています。今頃、この植松漁港で同じようにわかめの収穫のため小さな船が出て、水揚げしてすぐにゆでている光景が見れるんでしょう・・・。でも島鉄の列車とのコラボはもう見れないんですね・・・

2008年3月8日(上) 3月9日(下)
島原鉄道 布津新田-布津

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/11(水) 21:00:00|
  2. 島原鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<菜の花の季節 | ホーム | 有馬吉川にて>>

コメント

未曾有の大災害に見舞われた島鉄も完全復活し
地元の人々の熱意に感動しましたが、乗客減による
部分廃止は避けられなかったのですね。
痛々しい傷跡が残る普賢岳を背に走る
島鉄の姿が凛々しく見えました。
  1. 2009/03/12(木) 18:26:28 |
  2. URL |
  3. JZX81 #-
  4. [ 編集]

JZX81さん、おばんです。
一時は島鉄は鉄道部門が黒字だったそうです。それからやはりこの災害や沿線の過疎化は大きな打撃だったんでしょうね。
それでも普賢岳は島原半島の象徴のようで色々と撮らせていただきました。島鉄は観光路線としての使命は終わったと思います。風光明媚な所を走る南目線とキハ20を淘汰して、地元の足として生きていくんでしょう。残った北目線、頑張ってほしいと思っています。
  1. 2009/03/13(金) 01:09:59 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子@どしろ~と #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/777-0fbe3449
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する