さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

光・幻想

dai6yakei

只見雪祭りの日、あまりの仕事の多忙さから夜走りを断念。翌朝出発しました。途中真岡で撮影して午後の雪祭りを見物しました。それでも天気は雨。撮影もしないでつるの湯へ避難。夜はおふくろで鉄たまさんと待ち合わせをしていたんですが、ちょっと早かったので本名あたりで撮影とも重い第6橋梁へやってきました。この雨・・・というか早い雪解け水なのか本名ダムが放水していたのを見ていたんで・・・。
行ってみて、ダム上のナトリウム灯の色が幻想的にあたりを照らしていました。見とれつつもカメラをセット。列車がわかるくらいにISO感度を上げて待ちました。ちょっと被写体ぶれしてしまいましたが、イメージ通りに撮れたと思ってます。この夜のおふくろでの酒宴は実に楽しかったです!!

2009年2月14日 只見線 会津越川-本名

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/23(月) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<只見雪祭り号 | ホーム | 浅草岳を臨む>>

コメント

あれ?

おばんです。

もしかして、隣で撮っていた方だったのですしようか?
ちなみに紫の軽ワゴンで友人と来ていて一番星が隠れるの隠れないの騒いでた犯人はワタクシです。

騒々しかったらすみませんでした。
  1. 2009/02/23(月) 21:54:18 |
  2. URL |
  3. mincer #3fP8K/.I
  4. [ 編集]

おばんです。
おおっ、これが先日話していた夜の本名ダムですね。幻想的でいいですね。
この日は水門を4つとも開けて、全開大放水でした。
  1. 2009/02/23(月) 21:55:54 |
  2. URL |
  3. ててした #-
  4. [ 編集]

お~、久しぶりに只見線シリーズ2発。チビロクラッセルを拝見していると「撮りに行けねえず~」(泣)なのですが、只見方面だと気持ちが落ち着きますな(笑)
にしても、いくら暖冬でおふくろから10分とは言え、夜だし冷えますね~。先日もブログ上で風来坊さんと「背中にタオルだすな」とか「寒冷地装備」談義をしていたのですが、こういう時は是非、山男であらせられる酒呑童子さんの知恵をお借りしたいものです。かんじき使いこなすのも経験が要りますものね。
  1. 2009/02/24(火) 10:46:04 |
  2. URL |
  3. kokubu #S6FC.7r.
  4. [ 編集]

おばんです。コメントありがとうございます。
>mincerさん
そうでしたか。確かに後からのこのこ来たのが自分です。挨拶もそこそこですいません。実をいうとまさか撮影者がいるとは思いませんでした。考えることは同じなんだなって思いながらセットしてました。
楽しそうに撮影されていて、いいなぁって思ってました。騒がしいなんてとんでもないです。

>ててしたさん
確かにこの時期の放水はたまげましたね。昼に確認して夜にきたんですが、水の濁りも気にならず幻想的な雰囲気に満足していました。

>kokubuさん
自分は「山屋」ではなく「元山屋」ですよん!
このときは寒いといっても雨が降るような気候でしたからね。で、実際まじめに防寒するなら、下着ですよ。下着。ちょっと値ははりますがいい下着は暖かいですよ。あと汗でぬれても冷えない素材。これも重要です。動いているときはいいですが、実際止まって列車待ちの時に差が出てくると思います。
  1. 2009/02/24(火) 23:52:59 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子@どしろ~と #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/760-37d43393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する