FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

お召し列車撮影記

もう賞味期限切れかな?(笑)
12日にE655初のお召し列車の撮影に行ってきました。こういうところがミーハーなんですね。
白井の友人宅を6時に出て、目指す天王台付近に6時半頃つきました。果たして三脚は何本並んでる?なんて思ってみてみたら・・・。先着は某福島県からきた巨匠?のみ。やっぱり1号編成でないとこんなもんかな?なんて思いました。しばらくするとお約束のように警察官がやってきて、ひととおりに車のNO控えたりしてました。結局同業者はその後来た2名のみ。同じ利根川の土手でも取手側はかなりの人数がいるんですが・・・。(バックのNECや線路際のおでんが不人気なんでしょうかね?駅からの距離もあるかな?)
そうこうしていると警察官が何人かきました。なんか新人研修のようでまだ顔にあどけなさの残る警察官もいました。鉄より警察官のほうが多いなぁ・・・。もっとも我孫子市内でのポイントは少ないんでここに集まったのかもしれません。のんびりとした雰囲気で、親子連れが着たら、警察官の方が帽子を子供にかぶせて写真撮ったりしてました。情報では取手-藤代のお立ち台はものすごい事になっていたようですけどね・・・。
通過する快速でアングルチェックしたりしているうちに、いよいよ露払いのスーパーひたちの通過で一気に緊張感が増してきます。その後すぐ来るはずなんですが妙に長く感じられた時間を過ごし、遥か向こうに列車が見えてきます。「来た」誰ともなく声にだしたような気がします。飛ばしているんでしょうが妙にゆっくりに感じました。国旗が巻いてしまった上に上り快速とかぶってしまいましたが、まぁまぁかな?天気が天気なんで上出来でしょうか?

omeshi

バックのNECが思ったより目立ちますが、我孫子をお召し列車が走ったっていう証拠みたいなものだなって思ったりします。それにしても菊の御紋とか、やっぱりお召し列車は格が違うって感じです。お祭りに参加できてよかったです。

2008年11月12日 常磐線 天王台-取手

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/16(日) 21:00:00|
  2. たまにはネタもの・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<TXお召し? | ホーム | 滝谷のもみじ>>

コメント

被った?とはいえ、
グリーン車ドンピシャと・・・v-19
  1. 2008/11/16(日) 21:27:51 |
  2. URL |
  3. エイトマン #-
  4. [ 編集]

おばんです。
見慣れないためかちょっと違和感も感じますね。
旧1号編成のお召しだったら、会社休んで駆けつけたことでしょう・・・
  1. 2008/11/16(日) 22:36:55 |
  2. URL |
  3. かしゃ猫 #-
  4. [ 編集]

おばんです。コメントありがとうございます。
>エイトマンさん
まぁ被って列車が隠れたわけではないんでね。
で、グリーン車というか、御陵車は3両目か、4両目かでアングル迷いました。あるお方からの情報で3両目だとわかったんで、このアングルにしました。快速列車なんかでテストしていたんですが、そんなのもデジタルならではなんでしょうね。

>かしゃ猫さん
確かに初めてですからね。でも拡張の高さってのは十分に感じました。この緊張感はクセになります。もし1号だったら沿線がもっともっとパニックだったでしょうね・・・
  1. 2008/11/16(日) 23:46:17 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子 #XD/8Df/M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/656-a71b3cef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する