FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

雪が無い・・・

yukinasisakamoto


この写真、つい最近2月22日に撮ったんですよ。4月とか11月っていってもわからないですよね・・・
川口から只見方面に向かうとそれなりに雪はありますがそれでもねぇ・・・
で、これを撮った翌日、本名でeasti-Dを待っていました。待っているとおばあちゃんがよいしょしょいしょとやってきました。
「こんにちは・・・」
おばあちゃんはまるで少女のような笑顔で答えてくれました。
「あぁ、歳とると何やってもよいしょよいしょだぁ。ははは(笑)」
「いやぁ、僕もそうだよ」
「でも今年は雪が無くて楽だぁ。去年とは大違いに楽だよ」
「えぇ?そんなに楽でした?」
「あぁ、雪かたししなくていいし、年寄りは屋根登れねぇしな。ところで汽車でも来んのか?」
「あ・・・(なんて説明しようかと思案)いつもと変わった列車がもうすぐ来るんだ」
「あぁ、そうか」
そう言って去っていきました。後姿を見送っていると踏切がなりました。

雪が少なくて、夏の水不足とか、地球温暖化なんて関係なくって自分の生活を基準に考えて雪の無い冬を歓迎していたんだろうか・・・
雪国で暮らすお年寄りの本音なんだろうなぁ・・・って考えました。

写真中心にどうしても考えてしまう自分・・・
ツーリストとしての自分・・・ちょっと恥ずかしい思いをしました。

でも、雪少なすぎ!!!

2007年2月22日 只見線会津柳津-会津坂本

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/02/28(水) 22:23:10|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<十勝の原野を臨む | ホーム | 輝く浅草岳を望む>>

コメント

こんばんは
うちのカミさんに良く言われます
「あんたは雪景色だの温泉だの暢気なこと言ってるけど、雪おろしや雪かきはホントに大変なんだから」、と・・・・
「二階から出入りしなきゃならない生活なんて考えたことある!」、なんて・・・orz
子供の頃の大変な思いを考えると、雪の時期は行きたくないそうです。

しかし・・・・
何時もの事ですが、(^^)vなギラリですね。
  1. 2007/03/01(木) 00:20:34 |
  2. URL |
  3. 身不知柿 #xxjgbHNw
  4. [ 編集]

普通に住んでいる人にとってはやはり雪が少ない方が良いんでしょうね。
確かに少雪で夏場の水不足は心配ですが、最近はダムがあるので山にさえ降ってくれれば生活に困ることも無いのでしょう。

しかし、ホント見事な光線でとらえてますよね、さすが・・
  1. 2007/03/01(木) 08:17:07 |
  2. URL |
  3. ぱれお #qOWB8fHs
  4. [ 編集]

福島は何故か「雪かき」と言わず「雪かたし」って言うんですよね。
隣組の雪かたしの時、雪かきだと言っていたらおめぇ越してきた
ばっかりだなと言われびっくりしました。
いつもながら見事に光の操っていますね、素晴らしいです。
  1. 2007/03/01(木) 21:03:24 |
  2. URL |
  3. JZX81 #-
  4. [ 編集]

どもです!皆さんコメントありがとうございます。
>身不知柿さん
確かに奥様の子供の頃って今以上に雪が多かったんでしょうね。古い家はいまだに2階の出入り口を見る事ができますし・・・
確かに雪国には雪の光景が欲しいですが、実際住んでいる方に話を聞くとみんなこんな感じでした。難しいところですね。

>ぱれおさん
新潟県ではこの冬の降雪量は例年の2%だったそうです。ダムがあっても果たして・・・って思っているんですがねぇ・・・実際この夏どうなるか・・・

>JZX81さん
いつも福島っていうか会津に行っていることが多いんで、「雪かたし」が当たり前と思っていました。でも妙を得た表現だと思っています。

で。この写真ですが・・・
雪が無いからワンパターンでもこんな感じしか思い当たらなかっただけです。(TOT)



  1. 2007/03/01(木) 21:38:30 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子@どしろ~と #XD/8Df/M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/65-4f933007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する