FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

雲仙普賢岳を臨む 2

島原半島の象徴のような雲仙普賢岳・・・その壮絶な歴史を物語るように聳えている。

hukaehugendake

朝日を浴びる普賢岳・・・。まだ草木も生えない山肌が痛々しいくらい・・・

hutusinden

蒼い海をバックに。右の山は島原市街へ火砕流の流入を防いだといわれる眉山。

その歴史を振り返りつつ臨む普賢岳。言葉もなくただただ見つめるばかり・・・

上:2007年10月20日 島原鉄道南目線 深江-布津新田
下:2007年10月21日 島原鉄道南目線 布津新田-布津

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/10/12(日) 21:00:00|
  2. 島原鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キハ20たちの日常 | ホーム | 雲仙普賢岳を臨む>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/620-436aee20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する