FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

京成の旧塗色変更によせて

僕は高校時代、2年生の半ば頃まで京成線で通学していた。
中学時代の仲間とそれぞれの高校生活の話をしたり、部活で遅くなった帰りに先輩の悪口や、インターハイへの想いを語り合ったりして京成電車に揺られていた。
口裂け女がとなりの八千代台に出没して、次は実籾だ!なんて根の葉も無いうわさに恐れ、どきどきして列車を待ったこと。車内で先輩の命令(体育会系だったんで)で唄を歌ったりしたのも今ではいい思い出・・・
誰もいない夜のホームで、当時片思いしていた女の子が現れてドギマギしたり・・・そんな恥ずかしいこともあった。そしてそんな思い出のそばにはいつも京成のクリーム色と朱色のツートンの電車がいた・・・

京成でその旧塗色が復活した。開運号は仕事で見にいけなかったんで先日の休みの日、金町線にでもいないかな?と思って行ったけど走っていなかった。天気がいいのでホームの先端で撮っていた。日もかなり傾いた頃、向かってくる電車のヘッドライトが違う・・・
「来た!」小さくつぶやいた。あの電車がやってきた。高揚する気持ちを抑えて夢中でシャッターを押す僕はその瞬間「時の旅人」になっていた・・・

keiseiribaibaru


まるで、なつかしい人と再会したかのようだった・・・



それにしてもきれいな夕景でした。その後も夢中で撮っていましたがやっぱり電化区間はごちゃごちゃしていて難しいですねぇ・・・

takasagootibi


2枚とも
2007年1月30日 京成電鉄 青砥-高砂

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/02/01(木) 00:17:47|
  2. 首都圏鉄道情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<闇を駈ける | ホーム | 残照>>

コメント

列車には多くの素敵な思い出が詰まっているのですね。きっと少年の頃に帰られたように夢中になって撮影されていたのでしょうね。何だかほほえましい・・・。なんて生意気なコトをすみません。何て言っていいのか、うまく言えませんが列車の撮影を通して過去と今を旅する・・・いいですねぇ。
  1. 2007/02/01(木) 09:34:08 |
  2. URL |
  3. なな #-
  4. [ 編集]

輝いていますね

 2枚とも良い画ですねぇ。私には,狙っても,こうは撮れません。
 雲ならず,天候を自在に操る師匠,その秘伝を少しお裾分けお願いします。

 私も学生時代は千葉に通っていましたので,京成電鉄と言えば,クリームと朱のツートンカラーが真っ先に浮かびます。その塗装が復活しているのですね。
  1. 2007/02/01(木) 20:41:07 |
  2. URL |
  3. 佐倉 #-
  4. [ 編集]

これは恐れ入りました。
北海道でなくてもこんなに絵になる構図があるのですね。
圧縮された画像の中に人工物と自然がマッチしていて
都会の夕暮れを見事に映し出しています。
正に光の魔術師の真骨頂ですね。
  1. 2007/02/01(木) 20:47:59 |
  2. URL |
  3. JZX81 #-
  4. [ 編集]

なつかしい京成
30年ぐらい前にも東中山やセンター競馬場前で見た車両(w
  1. 2007/02/01(木) 21:44:06 |
  2. URL |
  3. autokt #u4eTkd/2
  4. [ 編集]

皆さん、たくさんのコメントありがとうございます。
>ななさん
電車の色、特になつかしい色を見るとそのときの事が思い浮かびます。音楽なんかと似ているかもしれません。だからこの昔?の京成線の色、なつかしくて本当に見たかったです。これが来たとき、僕は本当にガキに戻ってしまったと思います。

>佐倉師匠
よく言います。蓮田の(^^)vな夕景、よく拝見してますよ!師匠ほどのウデならこんなの序の口でしょう・・・で、学生時代って僕の高校生の頃とシンクロしますかね?同じ光景を見ていたかもしれませんね(^^;;;

>JZX81さん
いつも過分なお言葉ありがとうございます。
架線柱なんかは露出を切り詰めたんでシルエットになり、これがよかったのか悪かったのか・・・都会の夕暮れ・・・どうなんでしょうか?ただいい位置に太陽がきてくれました。

>autktさん
ははは・・・確かに中山や船橋沿線ですよね。船橋はオートも京成でしたか?
僕は中山へはもっぱら武蔵野線でしたが・・・・(笑)



  1. 2007/02/01(木) 23:24:47 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子@どしろ~と #XD/8Df/M
  4. [ 編集]

何を撮らしてもすごいですね。
京成のこの色は確かに記憶にあります。
その後上京したときにはもう浅草線の車両が似た様な色でいただけでした。

しかし、良いカットですね、ため息がでます。
  1. 2007/02/06(火) 08:14:05 |
  2. URL |
  3. ぱれお #qOWB8fHs
  4. [ 編集]

ぱれおさん、どもです!
何をおっしゃっているのかよくわかりません。
この車両の色はいつ頃までだったかなぁ・・・
大学生活で千葉を離れているほんの4年の間だったような気もしますが・・・

ぱれおさんはこの手の色に弱いようで・・・(^^;;;
  1. 2007/02/08(木) 23:57:28 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子@どしろ~と #XD/8Df/M
  4. [ 編集]

 これは独特ですね。背後のはずの太陽が並列みたいなかんじがしますし、列車も虫みたいというか、存在感がありますね。・・きれいです。
 というわけでこちらもあわせてリンクさせていただきました。
 http://linksadventure.blog72.fc2.com/blog-category-4.html ここです
 ていねいにありがとうございました。若輩です。
 
 
  1. 2007/02/15(木) 13:30:51 |
  2. URL |
  3. GiGi #-
  4. [ 編集]

GiGiさん、どもです!
過分な感想ありがとうございます。励みになります。夕景は好きなんでいつも時間を忘れてしまいます。ローカル線は一発勝負が多いんですが、こういった首都圏の鉄道は忙しくて余韻にもあまり浸れませんでした。(^^;;;
リンクありがとうございます。またよろしくお願いします、

  1. 2007/02/16(金) 01:32:12 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子@どしろ~と #XD/8Df/M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/46-2f0c01cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する