FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

国境を越えると・・・

sinsimizutobidasi


上越国境を抜ける・・・。長い新清水トンネルを抜けてくる。バックの山は茂倉岳だろうか。谷川岳の登山の創成期から変わらない風景が続くのだろう・・・。
「国境を越えると雪国だった・・・」正にその舞台を駆け抜けていく・・・

2008年3月25日 上越線 土合-土樽

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/03/30(日) 21:00:00|
  2. たまにはネタもの・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<雪解けの頃 | ホーム | これぞ!上越線!>>

コメント

残念

今日は、酒呑童子さん。TEAM只見の皆さん会津以外もよく遠征されるのですね。
 しかしDD14背中合わせ重連だったんだ!それにしてもよい撮影地を見つけられましたね。日頃の酒行のおかげでしょうか。この写真を拝見しているとカナダのロッキー越えの鉄道もこんな感じなのかと想像してしまいます。
 小坂、惜別になってしまいました。旅客時代、片上も含めて何度か行きはしましたが私もたいした写真は撮れませんでした。積荷(硫酸?)の性質上もう少し頑張れるかと思いましたが、やはり持ちこたえるのは難しかったのですね。
 客車・有人駅・腕木・タブレット・・・鉄道から人を介する要素が消滅していく。時代の流れとは言え残念です。せめて、只見やその他のローカル沿線が美しい四季の移ろいを見せてくれることが慰めの今日この頃です。
  1. 2008/03/31(月) 09:14:46 |
  2. URL |
  3. kokubu #S6FC.7r.
  4. [ 編集]

kokubuさん、おばんです。
会津以外もたまには・・・というか、ちょっと壁にぶつかると他線を撮ってみるのもいいもんで・・・
で、この場所は結構有名なところでたくさんの同業者がいました。ただ正に上越国境越えの場所なんで撮りたいと思っていました。
小坂は僕も硫酸っていう特殊な荷なんで無くならないとタカをくくっていましたが、行程の変更によりその硫酸が出来なくなるなんて考えてもみませんでした。素晴らしい鉄道情景があった路線なんで後悔しきりでした。
  1. 2008/03/31(月) 22:39:36 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子@どしろ〜と #XD/8Df/M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/421-e0f2cbc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する