FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

空が語る夏

natugumonwakamiya

入道雲は夏休みの象徴だった。
毎日のように早朝のラジオ体操から始まって空が夕焼けに染まるまで、時には補虫網だったり、時にはバットやグローブだったり、いろんなものを握りしめて駆けずり回った・・・。そしてふと空を見上げるといつもそこには入道雲があったように思う。
そう、気温が30度を超えると大騒ぎしていたあの頃でも夏空の主役は入道雲だった。
そんな雲がもたらす夕立も今よりも優しく大地に潤いを与えていたように思う・・・。

今でもそんな記憶が頭の片隅にあるのだろう。
夏の情景を撮ろうとイメージすると空であり、雲なのだ・・・

空が夏を語りつくしているような表情・・・
入道雲は永遠の夏の憧憬なのかもしれない・・・

2020年8月2日 只見線 会津坂下-若宮

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/09/03(木) 00:34:16|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏を往く・・・ | ホーム | 君よ!奥会津の風になれ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/3185-2ecb2f07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する