FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

夏休み

natuyasumi

子供の頃、夏は永遠に続くものだと思っていた。
東京の町工場に囲まれた下町とはいえ、いろんな遊び場をみつけて思い切り遊んだ。
親戚の家にいったり旅行に連れてってもらったり、夏祭りへいったり、いろんな経験をして・・・
僕の夏は終わらないんだって感じで遊び惚けていた。

今でも夏の終わりが切なく感じるのは、終わるはずがない夏休みが終わってしまうというあの頃の気持ちが残っているのだと思っている。

今年の夏休みは短くなって、子供たちはかわいそうだとも思う。
それでもこの夏がすべてなわけで、どうかそんな夏休みも永遠に続くと錯覚するくらいいい思い出をつくってほしいな・・・

そんな夏を撮ってみたいなぁ・・・

2006年8月6日 只見線 田子倉(当時)-只見

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/07/23(木) 23:51:22|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<霧に咽ぶ・・・ | ホーム | 大輪の向日葵>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/3166-6eb7124e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する