FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

第3只見の川霧

dai3kawagiri2

何回か書いているけど、第3只見川橋梁の川霧が一番難易度が高いと思う。他では川霧が出ているものの、ここだけはさっぱりという事もあるし、出てても国道側から見て奥あけ・・・とか。
風の具合なのか、水温とか気温の問題なのかはよくわからないのだが川霧に包まれるように浮かぶ第3只見を求めて必ずチェックはしているのだが・・・。

この日はもしや・・・と思わせるような光景が広がっていたが霧は上がったり下がったりしていくうちにやはり手前の霧は消えてしまった。川霧というより普通の霧だったようだ。

それでも只見川の妖精はほんの少しだけいい光景を見せてくれたようだ。
千変万化する川霧の表情が列車の通過時間にうまくシンクロさせてくれた。

こんな光景を見ちゃうから、次は・・・なんて期待してしまうのである。
鉄道風景写真ってそんなものなんだなぁ・・・と考えてしまうのだ。

2020年7月11日 只見線 早戸-会津宮下


  1. 2020/07/18(土) 00:42:56|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<森を駈ける | ホーム | 今年の川霧>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/3161-4c824cbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する