FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

かけがえのないもの

oosio

絶景を往く只見線っていうわけでもなく、曇ってるしなんてことのない光景だけど、そんな光景が僕の心を鷲掴みするのはやっぱり日常の当たり前のような光景が実はかけがえのないものであると気付いたからだ。
たぶん、2011年の東日本大震災や福島新潟豪雨を経験した世代にはそれがよくわかるのではないかと思う・・・。
あの豪雨から8年以上が経ち、あれ以来こんな当たり前の光景は見る事が叶わなくなった。

それでもあと2年半・・・。きっとこんな光景が当たり前のように日々展開していくようになるはずだ。

この汽車通の彼、今はもう30歳くらいになっているはずだ・・・。
只見線で汽車通してた事、覚えているだろうか?あの当たり前のような日が、実はかけがえのないものだって気がついてくれているだろうか・・・。

余計なお世話かもしれないけど、なんかとても気になるんだ・・・

2006年9月20日 只見線 会津大塩

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/10/01(火) 20:31:36|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ようこそ! | ホーム | 滝谷駅の事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/3013-0ca9a1b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する