FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

高原列車は行く

daika-bu

小海線は日本を代表する「高原列車」である。たぶんそう思っているのって自分だけではないはずだ。
当然「高原列車は行く」という曲のモデルは小海線なんだろうなと思っていたが、モデルはなんと福島県の猪苗代を走っていた沼尻鉄道であると知ってちょっと驚いた。沼尻鉄道はいった事も見た事もなかったのでそういうイメージがあって当然なのかもしれない。

初めて小海線に乗ったのはもう35年以上前の事。当時大学生だった自分は、ワンダーフォーゲル部の呑み友に誘われて初めて奥秩父を縦走した時に信濃川上まで乗った時だった。夜行列車で小淵沢で降りて小海線の一番列車で見た朝日に照らされた甲斐駒ヶ岳の表情が忘れられい・・・

そんなことを考えながら列車を待つ。
まだまだ暑い日差しではあるが、ふと吹く風に気がつくとあたりはもう秋の風・・・。

かつては蒸気機関車が喘ぎながら上っていっただろうこの大カーブを軽やかに上っていくのはハイブリッド車であった。
そんな光景を見て、やっぱり自分にとっての高原列車は小海線なんだな・・・。そう思った。

2019年9月1日 小海線 小淵沢-甲斐小泉








このエントリーが幣ブログ開始から3,000エントリー目の記事になります。
毎日更新だ!って気張っていた頃もありますが、最近はなんとなく不定期な更新となってます。
そんなんで3,000エントリーまで12年9ヶ月かかりました。

これからもぼちぼちやっていこうと思います。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。

2019年9月2日 さすらいびと拝


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/09/03(火) 21:11:11|
  2. 高原鉄道小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さらば茶坊主 | ホーム | いつか見たような・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/3000-d7501966
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する