FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

秋色の中を・・・2

akiirobansai


燃えるような紅葉でもなんでもない、ある集落のはずれの光景が、どんな名所の紅葉より素敵に見える。地味だけど何気ない秋の光景に心奪われる。秋色に映える国鉄色のキハ・・・

2007年11月9日 磐越西線 喜多方-山都
  1. 2007/11/13(火) 23:00:00|
  2. 磐西旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<斜光線の中を | ホーム | 秋色の中を>>

コメント

何処にでもあった日本の風景、今ふと見直すと残っていないものですね。
山都の鉄橋を渡り小布施原から慶徳へと向かう辺りは古きよき日本が
ふんだんに残っているいい場所ですね。私もこの雰囲気は大好きです。
  1. 2007/11/14(水) 08:28:43 |
  2. URL |
  3. JZX81 #-
  4. [ 編集]

おばんです。
昨年、DD53の時に下見した場所でしょうか?
荒地に見えましたが、歩いてみるとかつて田畑だった所でしたね。
この車両が「復活色」でなく、本当にその色を見にまとっていた頃はどんな風景だったのでしょう?
作業中の農家の方や傍らで遊んでいる子供達。
山間の農村部ではそんな風景は幻になりつつありますね。

国鉄型キハもあと数年でこの世を去る事になるのでしょうが、忘れる事のできない日々を思わせるシーンを展開してほしいですね。


  1. 2007/11/14(水) 22:42:39 |
  2. URL |
  3. 鉄たま #LezRqYSM
  4. [ 編集]

おばんです。コメントありがとうございます。
>JZX81さん
地味でもいいんで、なんとなくいいなって思えるところが最近の好みかな?この山都-喜多方にはけっこうあるんですが、生活感っていうかそういうのはこのあたりかなって思っています。

>鉄たまさん
はい、正にあそこです。あの時のロケハンが役にたったようですね。一部畑は残っていましたがもう耕作してなさそうなところも多いですね。で、昔の情景・・・どんなだったか想いを馳せています。でもその頃はそんな良さ、わからなかっただろうなぁ・・・って思います。歳とってなんとなくノスタルジックになっていくようです。
鉄の期間が皆さんより短いんで、そんな風な想い出や憧れの風景を探すような撮り方になってしまったんでしょうか?まぁそれもいいって自分的には納得していますが・・・

  1. 2007/11/15(木) 00:45:55 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子@どしろ~と #XD/8Df/M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/280-d3a86098
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する