さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

春近し・・・

iideyuukei

吹雪の会津中川駅の近くで列車を待った。それこそ雪ダルマになったかのようないでたちでひたすら寒さと冷たさに耐えていたが、待っていた列車は来ず、みんなの落胆の声が雪原に響いた・・・。

あれから2週間、弥生の時を迎えたとたん春のような陽気になり、積もった雪もどんどん減っていくように見えた。
冬の間、雲に覆われる事が多い会津の空も、春を迎えると晴れる日も少しずつ多くなってくる。雪の量もどんどん減り、土が見えた田圃でエサを探す白鳥の姿を見るようになると、会津で冬を過ごした白鳥も北帰行がはじまる・・・。

会津平の夕陽は美しい。
奥会津に比べて空が広いからよけいそう思うのかもしれないが、いつも素敵な情景を見せてくれるような気がするのだ。
冬の間、あまり姿を見せてくれない飯豊の嶺も「まだまだここは厳冬期だ!」という姿を見せてくれる。そんな光景がたまらなく好きなんだ・・・。雪を被った飯豊の嶺がよく見えると春もようやく見えてくる・・・。そんな感じだろうか。

日没後、異様に茜色がよく残った日だった・・・。
残照にうっすらと染まった雲をバックの飯豊の嶺が春近しを告げていたように感じた黄昏時だった・・・。

2018年3月3日 只見線 会津高田-根岸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/03/05(月) 18:05:57|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アーベントロート | ホーム | 春を待つ・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2757-720cd15f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する