FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

白煙をたなびかせ・・・

takiyakouyou


蒸機祭りの中で、第8を除くとここ滝谷が一番よかったと思いました。
朝8時半、ほとんど満員状態の滝谷、知人がいてわずかなスペースに入れてくれたんでこの位置をキープできました。こんなに人がいた滝谷は初めてでした。紅葉の美しさが人を呼んだんでしょう。残念ながら曇った中の通過でしたがそれでも鮮やかさが残る山肌と、きれいにたなびく白煙がとても美しかったです・・・

2007年11月3日 只見線 滝谷-会津桧原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/06(火) 23:26:13|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<同じ思いを・・・ | ホーム | ひとりぼっちの撮影地>>

コメント

出撃お疲れ様でした。すごい人手だったようですね。
それにしても次々に出てくるすばらしい写真に出撃できなかった私は無念の思いでいっぱい。。。
  1. 2007/11/06(火) 23:37:42 |
  2. URL |
  3. 999D #zlH5Excs
  4. [ 編集]

おばんです。
滝谷は試運転の返しもすばらしかったですね。
カン付の本運転を滝谷で狙うあたり、するどい洞察力ですね。
渋滞で追いかけできないのも計算に入っているのでしょうし。

滝谷に行くといつも思うこと。
現役時代の様に、この橋渡って対岸のポータル脇から山にのぼり、滝谷の集落と鉄橋を入れて撮ってみたいです。
紅葉ならばなおの事。
今となっては伐採も必要ですけど・・・。
その前にぞろぞろ鉄橋なんか渡っていたら逮捕ですね・・・。

あと駅前のおばちゃんの食堂ももう一度行きたかった・・・。
  1. 2007/11/07(水) 20:54:25 |
  2. URL |
  3. 鉄たま #-
  4. [ 編集]

只見蒸気Vカットの連続ですね。。

只見線のロケもあるでしょうけど、只見線を知り尽くした師匠ならではのカット満載ですね。
現役時代なら鉄橋わたっても問題なかったのでは?
昔奥羽線の赤岩の撮影地はみんな鉄橋渡っていた様です。
  1. 2007/11/08(木) 08:02:19 |
  2. URL |
  3. ぱれお #qOWB8fHs
  4. [ 編集]

とても平成と言う元号が20年近く経とうという年代に撮影したとは思えないようなアングルですね。奥会津の変わらない風景と蒸機、いつまでも残しておきたい遺産だと思います。
  1. 2007/11/08(木) 09:42:43 |
  2. URL |
  3. JZX81 #-
  4. [ 編集]

おばんです。皆さん、コメントありがとうございます。
>999Dさん
てっきり出撃しているものだと思い探していました。やっぱり只見線を走る蒸機はいいです。

>鉄たまさん
凄い人出でした。ここに来て途方に暮れていたら知り合いに会って・・・
でもここの紅葉が一番だった印象です。それだけに曇って残念でした。
ポータルの上は前回草刈して何人かは立てるらしいです。ただ上まで行くとどうでしょうか・・・

>ぱれおさん
いやいや、常日頃思いますが、本当に只見線のロケに助けられていますよ。
で、この鉄橋、山菜やきのこ採りの地元の方ががんがん渡っているんです。でも・・・高くてねぇ・・・怖そうっす!

>JZX81さん
まさに平成の奇跡でしょうか。只見線は本当にそう思います。まして旧客牽く蒸機ですからねぇ・・・
  1. 2007/11/11(日) 00:08:07 |
  2. URL |
  3. 酒呑童子@どしろ~と #XD/8Df/M
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/274-194c8dac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する