FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

闇を劈く・・・

7miyasitadamu1

あたりは真暗で、目が開いているのか閉じているのかわからないくらいだ。
たぶんそうそうそんな経験はしないと思われるくらい真暗な空間を小さな懐中電灯を垂らして機材をセットした。
川向のどうろを走る車が銀河鉄道の如く見えるのが妙に新鮮な感覚だった。まだ18時過ぎである・・・。

露出はルームライトで測光してあとは勘。フォーカスはAFだが、出たとこ勝負だ。シーンという音が聞こえてくるかのような静寂の中微かに線路に列車の響きが聞こえてくると一気に緊張する・・・。

列車は一気に通過していった。夢中でシャッターを押した。
闇を劈くような・・・。そんなイメージに少しは近づいたように思った・・・。
こんな撮影もたまにはいいものである。

2016年11月2日 只見線 会津宮下-早戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/10/25(水) 23:15:58|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<錦秋の六十里峠 | ホーム | 名残の紅葉>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2714-0bad4c88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する