FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

田圃の色

hinome

田圃が広がる風景こそ、正しい日本の風景のような気がする。
そしてその表情がそのままめぐる季節を象徴するようだと思う。
冬は白、雪解けが進み茶色い色になり、田圃に水が入り田植、伸びる早苗、夏の緑の絨毯、黄金色の豊穣の季節・・・
山の木々以上に表情豊かな姿を見せてくれる。

東京の町工場に囲まれた下町で育った自分は、山や川、海そして田圃の風景は憧れだった。当時静岡に住んでいた従兄の家に遊びに行くと一面の田圃の風景に出会えるのが楽しみであった。
そして田圃の周りの小川とか用水路や水たまりには、ザリガニとかめだか、クチボソ、フナ、タニシ、ヤゴ、ゲンゴロウ・・・
様々な生き物の命の息吹を見て、好奇心旺盛な子供にとって一日いても飽きない遊び場でもあった・・・

田圃の風景の憧憬はいまも変わらない。田圃を見ると心躍るのだ。
季節によって変わっていく田圃の色を見ながら季節の移ろいを感じ、風景とともにあの頃の心象風景も表現したい・・・。そう思う。

田圃の色が緑から黄緑に変わる頃・・・
まだ暑い日が続くがふと気がつくと、頬を撫でる風が秋のそれに変わっているのに気がつく頃である・・・

2016年9月3日 只見線 根岸-会津高田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/29(火) 23:22:26|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<蕎麦の花の咲く頃・・・ | ホーム | 季節は初秋・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2691-9889ef6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する