さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

初夏の魚沼路

irihirose

先月只見線ミーティングが越後須原で行われ久しぶりに六十里の峠を越えた。
豪雨災害の不通区間の影響で分断されているが、こちらもまぎれもなく「只見線」であり、魚沼の人たちの想いも知るにつけ、自分ももう少し魚沼側の撮影も・・・そう思った矢先に国鉄色の臨時列車の運行があり、いい機会だからと再び六十里の峠を越えた。
木々の緑が色濃くなり、田圃の稲ももう早苗とは呼べないくらい伸びている。新潟県は梅雨入りしたはずだが、心地よく頬を撫でる風も、降り注ぐ光も初夏の爽やかなそれであった。

国鉄色は日本の四季によく似合うとよく聞く。国鉄の時代は全国均一の色で様々な風土の中を駆け抜けたのだから見慣れたっていうのもあるのかもしれないが、こうしてみるとやっぱりそれは本当なんだなと改めて思う。
列車は小さくしか写っていないが、この存在感はやはりすごいなとも思う。

子供の頃、放課後に友人と近くの踏切で飽きることなく列車を見ていた。たまに通る総武線や成田線のDC急行を憧れてみていたっけ・・・。そんな気持ちで初夏の魚沼路を駆け抜ける臨時列車を見送った・・・。

2017年6月17日 只見線 入広瀬-上条

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/18(日) 22:38:30|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初夏の風に吹かれて・・・ | ホーム | いってこいよ・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2665-17770eb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する