さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

残照・・・

zansyou

最後のチャンスと思って列車を待っていたが、太陽が沈む速さはとにかく早い。分単位、いや秒単位でずんずん沈んでいくのだ。
地平線あたりの雲にかかりあたりはどんどん暗くなる。藍色というか群青色に近い蒼に空間が染まっていく。
列車が来たのはそんな時間だった。ありきたりなブルーモーメントのカットになるんだと思いなんとなく列車おw追っていると、ほんの一瞬、多分そのあたりだけ雲が切れていたのか、そんな感じで車両が残照に輝いた・・・。

ほんの一瞬の出来事だった。蒼い空間に茜色の太陽がまだその存在感をかろうじて誇示していたかのような・・・
写真は一瞬の空間を切り取るもの。そんな写真力を感じた一瞬の「かたわれ時」であった・・・。

2017年5月4日 関東鉄道常総線 三妻-南石下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/13(土) 00:18:07|
  2. 関東鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年も蒸機がやってきた。 | ホーム | 薫風に吹かれて・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2652-7927241e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する