さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

桜の花の咲く頃・・・

isiisejura

春を明確に告げるシンボルは桜であるが、桜が咲く頃は意外と色が少ないものだ。もしその状況で桜が無かったら、春らしいものは本当にないな・・・と思う。桜が散り始めると木々の芽吹きが始まり、田圃に水が入りカエルの大合唱が聞こえてきて、春本番となるんだと自分は感じている。

そんな中でも季節は進む。人々の営みも春へと動き出すものだ。ふと足元を見ると、田起しや畦塗りが始まっている。田圃に水を入れる準備だ。逆光に輝く桜ほどではないが、塗り終わった畦が輝いている様はいかにも春らしい光景だ。
春は自然だけではなく、人々の営みも動き出す。桜はそんな季節を告げる花なんだろう・・・

2017年4月16日 水郡線 磐城石井-磐城塙

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/18(火) 23:04:31|
  2. 水郡線旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<写真展に参加します。 | ホーム | 桜花夕情>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2637-eae08cdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する