さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

桜花夕情

hanazonosidare

「福島県のこのあたりには、桜の木が多いってよくお客さんに言われるんですよ。特に1本桜が多いって・・・」
突然の訪問にもかかわらず快く泊めてくれた宿の女将さんが話してくれた。そう言われると、矢祭から塙、棚倉と走っていると確かに桜の木をよく見かけた。矢祭山の桜や戸津辺の桜、そしてこの花園のしだれ桜等いろいろと個性的で立派な桜の木も多いのだ。

夕方の列車に合わせて来てみたが、この日は雲が多く既に太陽は隠れてしまっていた。
それでもほのかに夕焼け色に染まった雲がこの立派な桜の木を演出してくれた。

少しずつ弱弱しくなってくる明るさが桜の表情を変えていく。
そんな桜を見ていると、不思議と心が落ち着いた気分になっていくのは、桜を愛でるという日本のDNAが自分の中にも生きているというのを感じた・・・。

2017年4月15日 水郡線 磐城棚倉-磐城浅川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/17(月) 23:44:57|
  2. 水郡線旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<桜の花の咲く頃・・・ | ホーム | 駅の桜・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2636-ae4623dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する