さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

絆の灯火

2月の柳津の雪まつりに合わせて行われた「棚田の灯火」
昨年、地元柳津町小巻地区のNさんの発案とごく少数の人たちで行われた。これを3月11日、犠牲者への冥福を祈り復興への祈りをこめて行うと聞き、微力ながらもお手伝いにいってきた。昨年はごく少数の人で行われたこの行事も、今年は自分も含めた県外の人や県内在住者もきて準備が行われたが、発案者のNさんが言うには若者が数名参加してくれた事がとてもうれしいんだという。

薄明な17時半から点火。棚田にたてられた500本のろうそくの炎は、暗くなるに従い優しい明かりをあたりを照らしていた。
柳津町は震災でも直接的な被害は少なかったが、観光客の減少という風評被害もあり、又いち早く全村避難を決断した葛尾村の肩を受け入れたりと影響は決して少なくはなかった。そんな柳津町の人たちの思いや祈りを灯すろうそくの灯りは見ているだけで涙が出てくるくらいに美しいものだった。地元の方が奏でるオカリナの音色もそうした空気の中に自然に溶け込んでいったようだった。
そんな絆の灯火の向こうに、光の矢のような只見線がゆっくりと駈け抜けていった・・・。

yanaidukizuna

この準備のための集合時間は14時半。14時46分に集まった全員で黙祷を捧げた。
眼を閉じたその時、福満虚空蔵尊円蔵寺の鐘楼の音が柳津の街に響いた。腹に響くような鐘の音が心に響く。
「あぁ、虚空蔵様も震災の被害者の方々に祈りを捧げている・・・」そう感じたと同時にふと目頭が熱くなる自分に気がついた・・・

門前町柳津ならではの情景だと思った・・・

2017年3月11日 只見線 郷戸-会津柳津

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/14(火) 00:29:50|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<飯豊の嶺遥か・・・ | ホーム | 夕暮れ時・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2623-8d8395ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する