さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

深山幽谷

daiitikamosika

未明の大雪は朝方に止んだが、いままで雪がほとんどなかった景色が一変した。わずか数日でここまで降るか!とも思ったが積もってる雪の量は例年とそんなに変わらないように見えた。それでも、去年は小雪、一昨年は車の関係でそんなに訪れる事が少なかったので妙に新鮮にこの景色をみた。
杉の木は、普段はあまりいい景観とは思わないが、雪が降ると別だ。特に雪が止んだ直後の美しさは息を呑む・・・。
鉄橋以外の人工物がほとんど見えないこの谷間を、ゆっくりと列車が通過していく。

その光景は厳しい冬の、ほんの合間に見せてくれた妖精の微笑みのようだった・・・。

2017年1月15日 只見線 会津西方-会津桧原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/25(水) 23:15:53|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雪の華が咲いた・・・ | ホーム | 薄明の時・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2609-9fb2c916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する