さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

闇に浮かぶ・・・

gekkoujiyoru

雪に照らされて薄らと浮かぶお寺。背後に鉄橋があり寒さに震えながら列車を待った。
雪は音を吸収するようだが、それでも遠くの鉄橋を渡る音はかすかに聞こえてくる。少しずつ明るくなってくるのは、列車のビームであろう。ゆっくりと、静かに進む列車はまるで銀河鉄道のように見えた・・・。

春は桜の花が見事なこの小さなお寺に、今日は雪の華が咲き、闇の中に浮かんでいた・・・。

2017年1月21日 只見線 郷戸-会津柳津

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/23(月) 23:36:26|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<薄明の時・・・ | ホーム | 凛とした空気の中を・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2607-42222a05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する