さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

神が棲む木・・・

ityounegisi

銀杏が黄葉する時期は個体差があるようだ。
小湊鐡道やいすみ鉄道沿線の銀杏を見るとわかるのだが、同じ銀杏なのに・・・と思うくらい黄葉の時期が異なる。
奥会津や会津平でも銀杏の木はよく見かけるのだが個体によってかなり異なることがわかる。
奥会津の下大牧や名入の銀杏はまだまだ緑が残っていてもう少し時間がかかりそうであった。会津平でもそういう気が多かったが、この銀杏や近くの銀杏は既にピークは過ぎてかなり落陽している木もあった。

銀杏の木には神が棲むという。だから神社にあるのが多いのかとも思う。ただ神社とは違う場所にあってもその存在感は大きい。
大きな銀杏の木、特に黄葉の頃に見るとなるほど、神が棲んでるのか・・・。そう実感するのだ。

鮮やかに黄色く色づく銀杏の木。神々しいまでに輝く黄金の木だ。そして、このキハ雌の木であった。
たわわに実って地面に落ちたぎんなんは、地域の人の食卓に恵みも与えているのだろう・・・。

やはり、銀杏は神の木であるように思う・・・。

2016年11月13日 只見線 根岸-新鶴

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/14(月) 23:33:08|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<錦秋の谷 | ホーム | 冬の足音>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2582-e2acc83e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する