さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

冬の足音

huyunoasioto

昨日9日、奥会津の里に雪が降りてきた。里の初雪であった。
午前中は結構な降りで、ちょっと焦ったが見ていると積もる雪ではなさそうだった。
確か3年前も里の初雪に立ち会った。確かあの時の方が山々に積もったような記憶がある。

「冬の足音」というタイトルで何回記事を書いただろう・・・。奥会津に通いだした頃、そうとうインパクトがあった表現だと思ったからだと思う。山に雪が降って消えて、それが3回繰り返されると次は里に下りてきて根雪になる・・・。そんな話を初めて聞いた会津大塩の共同浴場での事が妙に頭にこびりついている。
関東育ちの自分にとって、珍しく、そして美しい対象であった雪が、実は重く苦しいものだと知ったのもこの頃であった。

夏から秋への季節の移ろいは、ちょっと寂しくて切なくて・・・そんな印象があるが、秋から冬への移ろいは、重い・・・そう感じる。
そしてその重く響く冬の足音・・・・。

今年も冬の足音が聞こえてきた。少しずつ大きくなってくる足音・・・。長く厳しい冬を迎える序章であると感じる・・・。

2016年11月9日 只見線 会津宮下-早戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/10(木) 22:46:59|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<神が棲む木・・・ | ホーム | 誰そ彼は・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2581-baf201b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する