さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

誰そ彼は・・・

katawaredoki

黄昏の語源は、誰そ彼(たそかれ)だという。
人の見分けがつきにくい時分、「誰そ、彼は」という事らしい。
人ならざる者と出会う・・・とも言われ、今大ヒット中のアニメ映画「君の名は。」でも重要なキーワードになっている。

そんな昼でもなく、夜でもない時間はどことなくうら寂しく、でも心惹かれる美しさもあり昔から好きな時間であった。
鮮やかな夕景を見た後もこの場所に一人残った。この日の夕焼けは素晴らしくいつまでたっても地平の茜色が消えない、でも空は蒼から藍、群青へと変わっていく・・・。
空の色が真黒にならない微妙な時間。限りなく濃い群青色の空の下、わずかに残る茜色の地平へ駈けて行く列車はどこへ向かうのだろうか・・・。

もう誰そ彼時が終わる。夜がやってくる。
そんな時間に、家路につく人たちの思いを乗せて駆け抜ける列車の温かみにホッとする・・・。

2016年11月3日 真岡鐡道 益子-北山

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/06(日) 21:20:03|
  2. コットンウェイ真岡鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<冬の足音 | ホーム | 小貝川夕景>>

コメント

who is it?

初めまして。
黄昏の語源、面白いですね。
多分平安王朝、貴公子が女性のお屋敷を訪ねるんでしょうね。
現在だとセンサーが感知して、玄関先はあかあかと照らされて、誰何することもないかもしれません。
  1. 2016/11/08(火) 20:10:34 |
  2. URL |
  3. SWEETHIRO #-
  4. [ 編集]

SWEETHIROさん、こんばんは。ようこそお越しくださいました。
君の名は。で取り上げていたので調べてみたのですが、改めて日本語って美しく奥が深いなと思いました。今の時代ではあてはまらいのでしょうか?
それでも日本語の奥深さをもっと味わいたいなとも思いました。
  1. 2016/11/10(木) 22:50:15 |
  2. URL |
  3. さすらいびと  #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2580-4327de77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する