さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

輝く・・・

kantetu

稲刈りが終わると、関東平野は一気に冬枯れの様相を呈する。
探せばまだまだ秋の花とかもあるんだろうけど、しっかりと草刈りをされた田圃の跡はススキすら生えていなかった。
ただ、光はだんだん魅力的になってくる季節。15時頃ともなれば斜光線となり、心なしか色も濃くなってくるように思える。

犬の散歩をしている地元の方と話をしながら列車を待つ。関鉄の昔話なんかは格好のネタであった。
そうこうしていると踏切がなる。
「もしかしたら列車が輝くかもしれませんよ・・・」そんな無責任な僕の言葉からか、地元の人も一緒に眺めている。

そして・・・
殺風景な北関東の冬枯れの風景に、秋の斜光が彩を添えた・・・

2016年10月27日 関東鉄道常総線 三妻-南石下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/27(木) 18:32:26|
  2. 関東鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<里山の秋 | ホーム | ススキの径>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2575-4687be4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する