さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

奥会津の集落

nakagawahukan

只見線は雄大な自然の中を往く路線のイメージが大きいし、実際自分もそう思って撮影をしてきたが、最近奥会津の集落の中を走る情景に牽かれている。
山間に寄り添うように広がる集落の情景はなんかこうホッとするような、そんな温かさを感じる。そんな情景の中を走る只見線がとても愛おしく見えるのだ。赤や青のトタンの屋根は昔は茅葺の屋根だったはずだ。それでも今はそのトタン張りの屋根が続く家並が美しく感じる。何よりもそこに生活の息吹を感じるのが嬉しいんだ。

そんな優しい奥会津の集落を背に、のんびりと只見線の列車が走っていく・・・。

2016年6月11日 只見線 会津中川-会津水沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/06/13(月) 23:49:11|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<霧の朝 | ホーム | モノトーンの朝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2541-24be2785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する