さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

田圃の風景

hutanuma

只見線のこの時期の蒸機運転は5年ぶりだという。
そういえばそれって震災後、そして夏の豪雨災害の前だった。一時はこの時期に秋、さらに夏と走った時期もあったが、春と秋になり、そして秋の運転だけになった。こうなると春と秋はどっちがいい?という議論も出てくる。新緑と紅葉、それぞれが奥会津の魅力であるからどうも甲乙つけがたい。ただ、自分的には光線的に秋の方がいいかな?とも思うが・・・。

ただ、秋の運転と春の運転でも風景の大きな違い・・・。それは田圃の表情である。秋は稲刈りも終わり、会津平あたりではちょっと殺風景な感じもするのだ。(光の具合は別として・・・)
煌々と水を湛えた田植直後の田圃の風景は美しく、そして神々しくも感じる。水の美しさが明るく、眩しいくらいだ。

そんな一面の田圃の真ん中を蒸気機関車が往く。
遥か昔になんとなく見たような、なんとも懐かしい想いが蘇ってくるようだ・・・

2016年5月26日 只見線 根岸-会津高田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/05/28(土) 22:27:22|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<夕映えはあんず色 | ホーム | 日本一の汽笛>>

コメント

只見線試運転

 写真拝見してびっくり!
 同じ日にほとんど同じ場所(田圃1枚違い)でシャッター切ってますが、近くにいらっしゃったんですね。
 気が付かずに失礼しました。
 
 ここは以前から撮影したかった場所でした。
 只見線では初めての復活蒸機撮影でしたが、ビギナーズラックで良い俯瞰写真が撮れました。(^-^)
  1. 2016/05/29(日) 18:31:18 |
  2. URL |
  3. 佐倉 #qBJdVxD6
  4. [ 編集]

佐倉の師匠、おばんです。ご無沙汰しており、申し訳ございません。
ほとんど同じという事は、蓋沼の台東区の森の東屋の所でしょうか?あの狭い場所にあの人数でしたからわからなくてもしょうがないでしょうね(笑)
自分は盆地に向かって右側の看板の前で撮っておりました。うまく煙を吐いていた所を臨める場所だったんでよかったですね・・・。

久しぶりに一杯いきたいところですね(笑)
  1. 2016/05/29(日) 21:36:38 |
  2. URL |
  3. さすらいびと #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2533-0789e714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する