さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

窓を開ければ・・・

baibai

一緒に旅をしてきた友が帰っていった。
旅は道連れ、ひとり旅を愛する自分でもなんとなく寂しくなる。
列車が動き出すと、スッと窓が開いて手を振ってくれた・・・。まだ外は寒いのに・・・。

窓が開く列車も少なくなった。
ただ、この瞬間、なんとなく暖かい何かを感じた・・・。窓を開けられる旅って、そういうものなのかな?

2016年1月16日 只見線 会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/27(土) 16:30:44|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄道員(ぽっぽや)の背中 | ホーム | 旅情は距離に比例する・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2504-d40d4c7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する