さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

残り柿

nokorigaki

雪が降りだす頃、あたりに色を与えているのが残り柿だ。
一面の枯野の中のオレンジ色もゆく秋を惜しむような風情があるが、降りだした雪に映える柿の実もまたいいものである。

この手の柿の実は、渋柿なんだろうか・・・。鳥にすら見向きもされなかった柿の実が最後に自らの存在をアピールしているようにも見える。白い雪とのコントラストが美しい・・・。

会津は柿の里。鮮やかだけど、ちょっと寂しげな残り柿の情景がよく似合う・・・。

2015年12月29日 只見線 会津柳津-会津坂本

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/18(木) 23:21:37|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旅情は距離に比例する・・・ | ホーム | 21世紀の奇跡・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2502-4c0d5779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する