さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

通学列車

kosugawatuugaku

しんしんと降る雪の中、列車がホームに滑り込むと、彼女たちは待合室から駆け出して列車に乗り込んでいく・・・。
春夏秋冬、雪や雨、晴れの日にも変わらず繰り返される日常の光景・・・。友達と他愛のない話をして会津川口まで10分ほどの記者の旅・・・。

君たちもいずれは故郷を離れて巣立っていくんだろう。何年かたって、ふとこんな日常を思い出した時彼女たちの心にはどう写り、どう感じるんだろう。
当たり前の日常、只見線で通った日々の事、そんな事がかけがえのないものだと、いつかきっとわかる日がくるだろう。

僕はそんな君たちがうらやましくてしょうがないんだ・・・。

2009年1月15日 只見線 会津越川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/12/22(火) 23:28:01|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<それでも雪は降る・・・ | ホーム | 冬ざれ 3>>

コメント

おはようございます。
今日も、素敵なお写真を楽しませて頂きました。いつもありがとうございます。
只見線を旅していましても、週末が多いせいか、または時間が合わないのか、学生や若い方々と出会ったことはありませんでした。
彼女達の中でのありふれた日常が、また他の人にとってはかけがえのないものであること、大人になって時が経てば気付いてくれるだろうと思います。
只見線が生活を支えていることを、確かに納得させてくれる、素敵なお写真です。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc
  1. 2015/12/25(金) 09:29:26 |
  2. URL |
  3. 風旅記 #O7xVy9HA
  4. [ 編集]

風旅記さん、おばんです。返信が大変遅くなり申し訳ございません。
絶景の車窓で有名な只見線ですが、普段着はやはりこうした沿線の方々が利用する姿なんだと感じます。只見線で通った日々が、実はかけがえのない事だったと、故郷の良さとともにいつか気がついてくれるといいなと思っています。
  1. 2016/01/25(月) 22:42:56 |
  2. URL |
  3. さすらいびと #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2484-03708950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する