さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

山里の朝

kawabetikutei

川辺から矢島へ向かうと、線路は見事なSカーブを描いて築堤を登っていく。この先のトンネルがサミットだという。
前日のエボルタ電池号も歩くような速さでゆっくり登っていったし、蒸気機関車が減益だった頃は喘いで登ったであろう勾配だ。
そんな勾配も、たくさんのお客さんを乗せた新型の気動車は一気に、なんてこともないように駈け上っていった・・・。

山が迫りくるこのあたりは、朝陽が差し込む時間も遅い。ようやく差し込んだ光と、それで作られる影とのコントラストが美しい時間帯だ。美しい山里の朝、お客さんの思いを乗せて新しい1日が始まる・・・。

2015年11月4日 由利高原鉄道鳥海山ろく線 川辺-矢島

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/11/21(土) 22:13:17|
  2. 由利高原鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<季節は巡る・・・ | ホーム | 鳥海暮色>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2471-1168b740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する