さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

龍の如く・・・

ryuuen

思わぬような秋晴れとなった試運転3日目の午前。ならばと向かったのがこの場所だった。
秋のこの時間、この場所はど逆光になる。人もそんなに多くは来ないだろうし、何より紅葉を透過光で撮るにはいい場所だと思ったからだ。機関車や客車は色も濃いので潰れ気味になってしまうが、そこは煙で存在感が出ればいい。この場所は下り列車にとって下り勾配のはずだが、いつ煙は出ているし・・・。

着いたのは通過25分くらい前。先行者は2名(最終的には8名くらいになった)。色づきがあまり良くないとはいえ、光に透ける紅葉が美しい。ただ、ちょっと風が強い。しかも向かい風だ。
「こりゃ、煙が巻くな・・・」ちょっと不安だったがあとは運を天に任せよう。

列車の遠い汽笛が聞こえる。それが少しづつ大きくなってくる。蒸機撮影の楽しみでもある緊張感だ。
桧原駅の先の踏切が鳴る。列車が通過してトンネルに入ると一瞬あたりは静寂に包まれる。そよ吹く風の音が聞こえるような緊張感・・・。そして列車の音が再び聞こえて機関車が姿を現すと同時に煙りがこちらに倒れた。列車は本番を想定してか徐行している。それでも少しづつ速度を増してくると煙は少し落ち着いてきた。
それでも風に任せて揺れる煙。その姿はまるで暴れ龍のように見えた・・・。

龍の如く・・・。煙に命が吹き込まれたような情景だった・・・。

2015年10月29日 只見線 会津桧原-会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/31(土) 22:25:19|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<会津の三泣き | ホーム | 雨の奥会津>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2460-f3bd5185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する