さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

大志集落を臨む

ositate

この場所に立ったのも久しぶりだった。ここにきて大志集落を臨む。「変わっていないあの時と同じだ・・・」

あの時・・・。初めてこの場所に立った時だ。改めて俯瞰してみると、その美しさに息を呑んだ。今まで見た集落のある光景でも1,2を争うくらいに美しい、これぞ奥会津の風景ではないだろうか!そう思ったものだ。あれから既に15年・・・。

この場所をご無沙汰していたのには理由があった。4年前の豪雨災害の時以来、下流の上田ダムが破損しダムとしての機能を有しなくなった。只見川の水位は大きく下がり、濁流の爪痕も残り目を覆いたくなるような光景だった。
そう、この場所は悠々と流れる只見川があってこそとも思っていたので、水位がもとに戻るまでこの場所に立つことは封印していたのだ。
昨秋、上田ダムの工事が終わり只見川の水位が戻った。日も差していた事もあり、再訪した・・・。

時の流れにのって進歩していくのに、変わっていかなければならないものがある。でも、変わってほしくないものもある。そんな心情は旅人の身勝手なのかもしれない。ただ、自分の心情を偽る事はできない・・・。

いつまでも、いつまでも眺めていたいたい場所・・・。やがて遠くに列車のタイフォンが聞こえる。眼下から聞こえる列車の音が心地よく響いた・・・。

2015年7月13日 只見線 会津中川-会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/07/16(木) 22:28:41|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<紫陽花の花の咲く頃 | ホーム | 時の流れ・・・>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/07/21(火) 11:39:49 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2431-72a9f689
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する