さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

イメージを追い求める・・・

sirihukikawagiri

金山の谷に夜の帳が降りる頃、小出へ向かう最終列車が会津川口を発車していく。蒼く染まった川霧と小さく灯るテールライト・・・。
そんなイメージがふと頭の中に浮かんでからこのカットに至るまで5年くらいかかった。川霧の出具合とか、視界とかの気象条件や、この明るさというか蒼さで撮れる時期とか、随分試行錯誤をした・・・。

このカットを撮った翌年、もっとつきつめようと条件があうのを待ったが叶わず、そしてその年の7月後半以来この場所に列車は走っていない・・・。
上を見たらきりがないかもしれない。それでも自分がこれと思ったイメージを追い求めると終点はないのかもしれない。毎年おなじようなカットを量産するかもしれない。それでもよりよいイメージを求めていく・・・。
そういうのが好きなんだけど、この場所はあれ以来時間が止まってしまった。

只見線が全線復旧すれば、僕はまたこの時期、この時間にこの場所にたっているんだろう・・・。

2010年7月7日 只見線 会津川口-本名

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/23(火) 23:40:52|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<梅雨に映える・・・ | ホーム | 梅雨の彩り>>

コメント

こんばんは

‘幻想的な’という言葉を通り越して、‘神秘的な’絵ですね。
これはそう撮れるものではないというのは、見た瞬間に思いました。
通わないと撮れないというのは当たり前ながら、通ってもそう撮れるものではない瞬間に出会えるのが、通うことの醍醐味ですね。

もともと、人里離れた場所、自然の中を走るローカル線が好きな私ですが、最近は比較的利用する人が多い鉄道を好んでよく撮影しておりましたが、また山の中へ行きたくなりました。もちろん、場所は違えどですけど。

先日、某ブログで只見線の不通区間の写真をいくつか見ました。なんとかならないものかと思いますが...。
  1. 2015/06/24(水) 00:53:14 |
  2. URL |
  3. 山岡山 #xCEEU8KE
  4. [ 編集]

山岡山さん、おばんです。
暮れなずんだ頃の川霧はほんとうにいい雰囲気だと思います。このカットは本当に苦労しました。うまく条件があう時期が短い時期なんで尚更でした。

只見線の復旧、心から祈っています。今でも不通区間を見ると胸が痛みます。
  1. 2015/07/07(火) 00:10:53 |
  2. URL |
  3. さすらいびと #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2425-5f01b6f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する