さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

淡紫の彩り

kawagutikiri

桐の花にも当り年があるようだ。経験からいうとそういう年の方が少ないように思う。
花の咲きがいいと葉が出るよりも早く花がピークを迎えるからとにかく紫の花がよく目立つ。不作というか、普通の年は葉と同時か葉の方が早く出てくるんで花が葉に埋もれてしまうような感じになる・・・。

この年は当り年だった。どこの桐の花も淡い紫の花がよく目立った。
奥会津の初夏がより鮮やかに感じられる:::。そんな彩を感じた年だった。

2006年6月3日 只見線 会津中川ー会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/30(土) 00:11:54|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<麦秋・風そよぐ・・・ | ホーム | 風と光と川面・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2415-0628c00f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する