さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

飯豊遠望

iide

会津から見る飯豊は素晴らしい。ただ難易度は高く、見えてもモヤモヤの空気の中・・・というのが多い。
距離的に考えてもしょうがないのだが、たまにくっきり見えると嬉しいものである。

雪を抱く峰々は残雪の頃が一番美しいと思う。厳冬期の神々しさもいいのだが、春を迎えた明るさというか爽やかさが好きなのだ。ふもとでは雪形の形を見て季節の進行や農作業の目安にするというのもいいと思う。人の営みとも密接につながっている残雪の峰々・・・。

この日、只見線にはトロッコ列車の風っこが入線した。全開の窓から入る薫風に吹かれて笑顔いっぱいのお客さんの歓声が会津平に木霊した・・・

2015年5月3日 只見線 会津高田-根岸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/09(土) 21:37:37|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<別離(わかれ) キハ222 | ホーム | リンゴの花の咲く頃>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2410-4bb811e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する