さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

集落のはずれに・・・

terasakijinsya

集落のはずれに小さい神社を見つけた。鳥居の横には寄り添うように桜が春を謳歌していた・・・。。
入り口である鳥居は県道と集落を結ぶ道沿いではなく集落側の田圃の際にあった。集落から鳥居をくぐってこの神社に行くには、田圃の畦道を通って行くことになる。
そう、この神社、集落にお尻を向けていないのである。長い間集落とその田圃を見つめ、見守っていたんだろう。そして、間を走る只見線のその姿も毎日見つめていたに違いない。桜の木と一緒に・・・。

朝日を浴びる神社で列車を待っていた。あたりは鳥の囀りとそよ風の音しか聞こえてこない。ずっと前から神様が見つめていたその情景をなんとなくみつめていた・・・。

千本桜と言われる見事な桜並木でも、大きく見事な桜の古木でもない、ひっそりと慎ましげに佇む1本の桜・・・。
僕はこんな何気ない優しさを持った1本桜が大好きである・・・。

2015年4月24日 只見線 会津高田-根岸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/04/27(月) 23:21:35|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<集落のはずれに・・・2 | ホーム | 夕桜>>

コメント

思わず溜め息が漏れました。

初めまして、羽前赤倉駅前元住民と申します。
いつもblogを拝見させて頂いておりますが、今回もまた溜め息が漏れるほどの素晴らしい写真と文章に感動した次第です。

福島と言えば三春の滝桜が有名ですが、本当に素晴らしい風景とは、さすらいびとさんが切り取られるような日本的風景のことだと思います。
只見線には蒸気が走る度に向かいますが、そうではない日常の只見線にも足を運びたいところです。
  1. 2015/04/28(火) 00:34:57 |
  2. URL |
  3. 羽前赤倉駅前元住民 #hFGdYMvg
  4. [ 編集]

羽前赤倉駅前元住民さん、おばんです。ようこそお越しくださいました。又、過分なお言葉ありがとうございます。

三春の滝桜をはじめとして、福島県にはそういった桜の名木が多く存在すると思います。そりゃ見事です。でも、こうした名もなき桜の表情もいいですよね・・・。
只見線の蒸機は旧客だし素晴らしい表情を見せてくれます。でも、こうした日常の只見線、じっくりと対峙してゆっくり撮って、合間は温泉やB級グルメ・・・。そんな撮影もいいですよ。是非訪れてみてください。
  1. 2015/04/28(火) 22:11:56 |
  2. URL |
  3. さすらいびと #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2402-0877c79a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する