さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

春近し・・・

harutikasi

2月には関東では梅が咲く季節である。寒い中でもホッとする梅の便りだ。
春近しを感じるのであるが、梅の開花から桜の開花までは1ヶ月以上の間がある。ただ、そこから北上すると、梅と桜の開花の時期が狭まって場所によってはほぼ同時に咲くところもある。まさに春が一斉に来る!そんな感じだ。奥会津もそんな地域のひとつである。

関東で梅の便りが届いている頃、奥会津は未だ「厳冬」である。立春を過ぎたとはいってもまだまだ長い冬が続いているかのようだ。それでも立春を過ぎると心なしか雪とか、光とか、そういう表情が少しずつ緩んでくるのがそこはかとなくわかる。

3月でも未だ雪深い奥会津であるが、降る雪の合間にふと日差しがのぞいたり、積もっている雪の表情が心なしか緩み、そして純白ではなくなってくる・・・。季節は忍び足で少しずつでも進んでいるのだ・・・。この時も、雪の合間の日差しにほんの少し春を感じた・・・。

「冬が長く厳しいから春が待ち遠しんだ・・・」
奥会津に通いだした頃、大塩の共同浴場で地元の人から聞いた言葉だ。
ローカル線撮影は通ってなんぼ、そうしているうちにその土地の風土から、人々の想いがほんの少しでもわかってくる・・・。

ふと、そんな気がした・・・。

春よ来い・・・早く来い・・・

2008年3月4日 只見線 会津西方-会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/03/01(日) 22:45:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春を告げる・・・ | ホーム | 国鉄木原線の頃・・・2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2377-3f977267
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する