さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

時の旅人

de10taburetto

只見線を訪れるようになって驚いたのはタブレット交換等の運転業務だった。学生時代に旅した時に見た光景が目の前に展開しているのに感激したものだ。只見線に蒸気機関車が復活して蒸気機関車とタブレット交換というのがかなり人気があり、交換の際にぐるりと撮影者が囲み、さながら撮影会状態であった。自分も初年度こそ撮れなかったが翌年から機会があったら撮っていた記憶がある。

厳冬の蒸機運行の時、只見の転車台が雪に埋もれて使えないという事で、往路はDE10がぶら下がり、復路はそのままDE10が先頭に立つという運行形態だった。返しは幾分撮影者が少ないように思えた。
この日も雪が断続的に降り続く日だった。撮影地を探すもうまく見つけられず、それならばと会津川口での運転業務を撮ろうと駅へ向かった。当時の駅長にお願いして撮らせていただく事に・・・。この時、ホームにいた撮影者は自分のほかにひとりだけだった。
汽笛を山間に木霊させて列車がホームに進入してくる。停車時間は2分。列車が停車してファインダーを覗くとあっと思った。
目の前に展開されているのは、雪の中のタブレット交換。しかもDE10牽引の旧客の列車・・・。国鉄時代の光景が展開されていた・・・。現役の蒸気機関車に間に合わなかった自分にとって、ある意味この方がリアルな気もする。

只見線ではしばしばタイムスリップをしたかのような感覚に陥る事がある。それは幼い頃に憧れた沿線風景やこういった鉄道情景がそうさせるのだろう・・・。

ファインダー越しに自分の魂はすーっと時間旅行をしている。そう、この時自分は「時の旅人」になっていた筈だ・・・。

2004年2月 只見線 会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/11(水) 22:25:33|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小さな旅・・・ | ホーム | 凍てつく煙・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2369-184f17f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する