さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

会津宮下にて・・・

miyasita

これも13年前の写真だ。会津宮下の駅は基本的には変わっていない。駅名票とか細かいところは変わってはいるけど・・・。
初めて宮下駅に来た時、ホームの待合室の風情に感激した。たしか夜だったので特にそう感じたのかもしれない。
只見線のどこへ行っても、何を見ても感激していた・・・。

記憶が確かなら、427Dの到着前のシーンだ。確かあまり天気も良くなかったので駅に来てみた・・・そんな感じだった。改札が始まると待合室で待っていた人が一列で進んでいく情景がちょっとユーモラスで撮ったんだったと思う。
こんななんでもない日常のシーン、生活感のある只見線もまたいいものである・・・。こんな情景こそかけがえのないものなんだと思う・・・。

2002年1月28日 只見線 会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/05(木) 23:00:26|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<厳冬蒸機 | ホーム | 月日はめぐる・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2366-3516891c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する