さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

帰り道・・・

6003gira

晩秋から冬の真岡鉄道の魅力はなんといっても光である。
特に上りの蒸気機関車は絶妙な時間帯を走り、平野を走ることの多い真岡鉄道は様々な光の表情を楽しむことができると思っている。

ここ、中館は以前から人気のあった場所で、特に沈む夕日をバックに走る汽車は、それは美しい光景だ。R50のバイパスができてから、照明や看板といった障害物が多く立ち以前のようにすっきりと撮れなくなってしまった。そうなるとギラリを狙いたくなるのが人情というもの(笑)

蒸機列車の回送のこの列車は客扱いをする営業列車である。ただ、C11は既に帰り道・・・といった感じなんだろう。地平線近くに雲が湧きドキドキさせたが、より赤みを帯びた日没直前の光を目一杯浴びてねぐらへと帰って行った。
今日も1日、お疲れ様でした・・・。

2014年12月13日 真岡鉄道 下館二高前-折本

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/15(月) 23:04:20|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬が来る・・・ | ホーム | 汽笛が聞こえる町>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2339-a0d80837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する