さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

汽笛が聞こえる町

nanaimasiko

汽笛が聞こえる町・・・。なんて素敵な町なんだろうと思う。
ここ益子の町をはじめとする真岡鉄道沿線の町はまさにそんな町だ・・・。

昔、それlこそ鉄道が走っている所はいつも汽笛が聞こえていたんだろう・・・。映画、男はつらいよの初期の頃の作品には、やはり汽笛がよく聞こえていたように思う・・・。

上りの蒸機を撮ろうと待っていると、時間が近くなると遠い汽笛が聞こえてくる。少しずつ近づいてくる。七井の発車の汽笛はちょっと長めの汽笛だった。あまり高い山はない芳賀の地であるが、それでも結構な残響があった。週末の決まった時間に益子や真岡の人たちはこれを聞いているんだろうな・・・。

冬枯れた北関東の地を軽快に走り去る。汽笛が聞こえる町の主役が冬の日を浴びながら駆け抜けていった・・・。

2014年12月14日 真岡鉄道 七井-益子

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/14(日) 20:16:37|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<帰り道・・・ | ホーム | 夜汽車に揺られて・・・>>

コメント

こんばんは。

真岡の風景は素朴でいいですよね。
汽笛の聞こえる町、まさに仰るように素敵な町だと私も思います。

日光連山から吹き降ろす冷たい風の中を走り往く芳賀路の汽車は、初冬の柔らかい日差しのように優しくて温かみがあって、心に灯を燈してくれる…そんな感じがします。

実は私もこの日芳賀路を訪れておりました。
しかも上り列車はお隣の多田羅-七井です(笑)
当初、私もさすらいびとさんと同じ区間を思っておりましたが、通った景色の畑の素朴さに惹かれて煙が全く出ない区間と知りながら後追いで撮影しておりました(笑)
七井-益子間を訪れていたらご挨拶出来たかもしれないなぁと少し残念な気持ちです。

寅さんにも汽笛が聞こえていましたね。
時にはその姿も登場したり・・・
「焼けのヤンパチ日焼けのなすび、色が黒くて食いつきたいが・・・」
と、今頃どこかで威勢のいい売をしているかもしれません(笑)

  1. 2014/12/18(木) 02:20:30 |
  2. URL |
  3. u- tsugaru #-
  4. [ 編集]

u- tsugaru さん、こんにちは。
どうやらニアミスだったようですね。この時期の真岡の返しですが、このあたりの雰囲気や光線の状態が好きなんです。寒いんでちょっとでも力行すれば白煙になりますし・・・。
素朴で長閑な真岡鉄道の蒸気機関車は素敵ですね・・・。
寅さんは冒頭でよく出てきたように思います。汽笛が聞こえる日常風景ってやっぱり憧れます。
  1. 2014/12/19(金) 12:21:14 |
  2. URL |
  3. さすらいびと #lYqmSEjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shutendouji.blog78.fc2.com/tb.php/2338-4f791137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する